2016年 09月 14日
2016年10月 写真表現ワークショップ 【朝と夕方】
f0168968_17303689.jpg

「写真での表現」について考えるワークショップを、
10月に行います。
今回は「朝と夕方の違い」です。
空気感、色など、どんな違いがあるか、
それについて考えてみましょう。
内容は初心者から中級者向けです。

今回の事前撮影テーマです。
1.朝の町 : 夕方の町 (各1枚合計2枚)
2.朝の室内: 夕方の室内(各1枚合計2枚)

撮影のヒント
1.同じ場所を時間を変えて撮れば、違いは簡単にわかると思います。
 朝と夕方、違う場所でもかまいません。
2.朝のコーヒー、夕方のコーヒー、
 その周りにある小道具とかの違いを考えると、撮れるかと思います。
 窓辺のカーテンとかでも、違いは表現できます。

:どちらも晴れ・夕焼けである必要はありません。
曇りでも雨でも、夕方も朝も表現できます。

これらを撮ってみましょう。
この2つの課題から1つ以上選んで、
事前に撮影して、L版にプリントし、
ワークショップ当日にご持参下さい。
(今回の課題の場合は、最低2枚、最高で4枚になります)

注:事前課題は、きれいな写真を無理に撮ろうと頑張らなくても
大丈夫です。試しに撮ってみるぐらいの気軽な気持ちで。
くわしい撮り方は、ワークショップで解説します。

日時
2016年10月16日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

残り1席です。


予定内容
・各自が撮影した課題写真を見ながらの講義。
・実施撮影
課題写真は全員で見ますが、
順位を決めるようなコンテストは一切しません。
事前撮影課題で、傑作を撮るなど考えないで大丈夫です。
気軽に撮ってみて下さい。

参加条件です。
・デジタルカメラであれば、一眼でもコンパクトでもかまいません。
 フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・内容は初心者から中級者向けですので、上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1610表現ws希望 氏名
例 1610表現ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。

申し込み送信メール(スマホ)で、
2.のアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年9月16日(金曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


残り1席です。
9/16 22時以後、メール先着順です。




ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-09-14 17:30 | workshop | Trackback
2016年 08月 08日
2016年9月 写真表現ワークショップ 【モノクロ】
「写真での表現」について考えるワークショップを、
9月に行います。
今回はモノクロ表現です。
通常カラーで見える世界を、モノクロで表現するには、
いくつか法則があります。
それについて研究してみましょう。
内容は初心者から中級者向けです。

今回の事前撮影テーマです。
1.横断歩道のある風景ー 電線のある風景 (各1枚合計2枚)
2.順光 ー 逆光(各1枚合計2枚)

撮影のヒント
1.は、安全に気をつけて、くれぐれも車道に出ないで下さい。
 横断歩道のアップ、電線のアップではなく、ちょっと引いて、
 そこの場所がわかるような風景を撮影して下さい。
2.ですが、順光は太陽(光源)が背にある時、日中が楽です。
 逆光は、太陽(光源)が、目の前にある時、夕方が楽です。

これらを撮ってみましょう。
この2つの課題から1つ以上選んで、
事前に撮影して、L版にプリントし、
ワークショップ当日にご持参下さい。
(今回の課題の場合は、最低2枚、最高で4枚になります)

注:事前課題は、きれいな写真を無理に撮ろうと頑張らなくても
大丈夫です。試しに撮ってみるぐらいの気軽な気持ちで。
モノクロのくわしい撮り方は、ワークショップで解説します。

日時
2016年9月25日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

定員になり締めきりました。

予定内容
・各自が撮影した課題写真を見ながらの講義。
・実施撮影
課題写真は全員で見ますが、
順位を決めるようなコンテストは一切しません。
事前撮影課題で、傑作を撮るなど考えないで大丈夫です。
気軽に撮ってみて下さい。

参加条件です。
・デジタルカメラであれば、一眼でもコンパクトでもかまいません。
 フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・内容は初心者から中級者向けですので、上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。


メールタイトル
1609表現ws希望 氏名
例 1609表現ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.でアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年8月10日(水曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

定員になり締めきりました。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-08-08 19:20 | workshop | Trackback
2016年 07月 29日
マーガレット・キャメロン写真展
f0168968_21425243.jpg

三菱一号館で、
マーガレット・キャメロン写真展」を見てきました。
9月19日まで。
f0168968_21432235.jpg

マーガレット・キャメロン(1815 文化12年ー1879 明治12年)は、
写真黎明期のイギリス人写真家です。
1863年(文久2年)48歳の時に、写真機を手にしました。
アジェの30年も前です。

ピクトリズムという絵画主義で、
昔の美術絵画を模倣した写真をたくさん撮り、
産業革命工業国のイギリスでは、
徹底的に批判された人でした。
当時のイギリスは、パリのような芸術主義よりも、
科学主義で、写真とは精密描写で記録性を求められる文化でした。

キャメロンは、人物を撮る時に、
表情(皮膚)にピントをあわせるのではなく、
「人物がきれいに見える状態」でシャッターを切りました。
そのため、ほんわりした表現になったので、
当時のイギリス(写真=科学の集結)では、
「写真を否定するかのような撮り方」
とまで言われました。
同時期、フランスの印象派も、こてんぱんに叩かれたのですが、
キャメロンの写真、印象派、それぞれを評価して、
最初に作品を大量購入したのは新興国のアメリカでした。
フランス写真の開祖アジェも、
最初に評価したのはアメリカ人女性写真家の、
ベレニス・アボットでした。
19世紀のヨーロッパはアートに関して、
とても保守的で、作家の先進性に評論家が追いついていない状態でした。

写真はまだ芸術ではなく、絵画の変わりに精密描写をして記録に残すもの。
そんな時代に、キャメロンはまさに孤軍奮闘して、
自分独自の表現を見つけ出そうとした人です。

注:三菱一号館は、大変冷房がきついので、
カーディガンなど持っていくことをおすすめします。
ショールを貸してもくれます。

:->
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-07-29 21:44 | exhibition | Trackback
2016年 07月 22日
2016年8月 花火撮影ワークショップ
f0168968_22304615.jpg

花火撮影のワークショップを行います。
2016年8月1日(月曜日)
19時から20時30分まで。
場所:東西線西葛西駅から徒歩10分の荒川土手
第34回江東花火大会を撮影します。
花火の打ち上げは19:40から20:30まで。

定員5名 終了しました
料金:5000円

予定内容
・花火撮影の設定
・実施撮影

内容は初心者向けです。
すでに花火撮影のセミナーなど受けたことある方は、
知っている内容ばかりだと思います。
f0168968_22391367.jpg

撮影場所は混雑を避けるために、
メイン会場から離れます。
そのため、このように高速道路が画面に入り込みます。
f0168968_22401889.jpg

キットレンズのズームでも、この程度撮影できます。

花火大会が中止になるような強風、雨天の場合は中止です。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
・三脚を所有して、当日持ってこられる方
 あまり小さい卓上用の三脚などは不可になります。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1608花火撮影ws希望 氏名
例 1608花火撮影ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.三脚の製品番号(わかる範囲で)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.でアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年7月24日(日曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


メール先着順になります。



ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-07-22 22:41 | workshop | Trackback
2016年 07月 04日
2016年8月 写真表現ワークショップ 【夜景】
「写真での表現」について考えるワークショップを、
8月に行います。
今回は夜景撮影になります。
(手持ち撮影で、三脚は使用しません)

内容は初心者から中級者向けです。

今回の事前撮影テーマです。
1.明るい夜 ー 暗い夜(各1枚合計2枚)
2.室内の夜 ー 屋外の夜(各1枚合計2枚)

を撮ってみましょう。
この2つの課題から1つ以上選んで、
事前に撮影して、L版にプリントし、
ワークショップ当日にご持参下さい。
(今回の課題の場合は、最低2枚、最高で4枚になります)

注:夜景撮影は難しいので、きれいな課題写真を無理に撮ろうと頑張らなくても
大丈夫です。試しに撮ってみるぐらいの気軽な気持ちで。
夜景のくわしい撮り方は、ワークショップで解説します。

日時
2016年8月7日(日曜日)
18時半から20時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

終了しました。

予定内容
・各自が撮影した課題写真を見ながらの講義。
・実施撮影
課題写真は全員で見ますが、
順位を決めるようなコンテストは一切しません。
事前撮影課題で、傑作を撮るなど考えないで大丈夫です。
気軽に撮ってみて下さい。

参加条件です。
・デジタルカメラであれば、一眼でもコンパクトでもかまいません。
 フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・内容は初心者から中級者向けですので、上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1608表現ws希望 氏名
例 1608表現ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.でアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年7月6日(水曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


7/6  21時以降、メール先着順になります。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-07-04 19:27 | workshop | Trackback
2016年 06月 20日
2016年7月 ストロボ撮影ワークショップ
2016年に7月にストロボ撮影のワークショップを行います。
このワークショップは、参加者のレベルを3段階にわけて行います。

レベル1 外部ストロボを持っていないけど興味がある
レベル2 外部ストロボを持っているけど操作方法に自信がない
レベル3 外部ストロボを持っていて、すでに遠隔発光方法を理解している
f0168968_2230810.jpg

今回はレベル2とレベル3の方が対象でで、
ゼリーなど透明感のあるものを撮影します。
ガラスに入っている液体やスイーツ、
光の屈折の仕方などを研究してみましょう。

今回のワークショップで撮影するスイーツは、
プロのパティシエが作ったものを撮る予定です。

(レベル1のストロボを持っていない人対象のws希望の方がいらしたら、
 希望日程など、メールでリクエスト下さい。
 最近その要望がないので開催していませんが、希望あれば開催します)

2016年7月24日(日曜日)
時間は午後の1時半から4時の、2時間半で、
場所は都内、参加費は6500円です。
定員6名。

定員になり締めきりました

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
 そして別途、外付けのストロボを所有している方。
 コンパクトデジタルカメラやフィルムカメラではご参加できません。
・室内撮影、テーブルフォトに興味のある方。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・室内撮影をまったく行わない方
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加希望の方は、メールでお知らせ下さい。

メールタイトル
1607ストロボws希望 氏名
例 1607ストロボws希望 関川真佐夫

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.所有している外付ストロボの名称(例 キャノン430EX II)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年6月22日(水曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


定員になり締めきりました


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
:->
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-06-20 22:30 | workshop | Trackback
2016年 06月 04日
2016年7月 iPhone撮影(広角単焦点)ワークショップ
「iPhoneでの撮影ワークショップを」
というリクエストをいただきました。
iPhone6のカメラ画角は、
35mmフィルムカメラ換算で、29mm相当とのこと。
広角単焦点レンズと考えてみてはいかがでしょうか。
f0168968_2342739.jpg

広角の基本、近寄る
f0168968_2344082.jpg

目線を変える
f0168968_2345060.jpg

そしてiPhoneでも露出補正で変化は可能です。
(これらの作例はiPhoneではなく、iPad miniの内蔵カメラで撮影したものです)

今回は初心者向けのワークショップです。
・スマートフォンカメラでの撮影方法
・ミラーレス、一眼レフ、広角単焦点での撮影方法
このどちらかのカメラ、レンズを持っている人が対象です。

注:スマホにある様々な写真加工アプリについての解説ではなく、
写真の基本撮影方法のワークショップです。

日時
2016年7月3日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名 
料金:4500円

終了しました。

参加条件です。
・スマートフォンを持っている
・レンズ交換式カメラで、広角レンズを持っている。
 単焦点以外だと、キットレンズでも可です。
 その場合ワークショップ中はレンズのズーム可動をテープで固定して、
 広角側での撮影にします。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・内容は初心者向けですので、上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
・フィルムカメラしか持っていない方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1607スマホ広角ws希望 氏名
例 1607スマホ広角ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.でアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年6月6日(月曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。



ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-06-04 23:06 | workshop | Trackback
2016年 05月 23日
2016年6月 写真表現ワークショップ
「写真での表現」について考えるワークショップを、
6月に行います。

内容は初心者から中級者向けです。

今回の事前撮影テーマです。
1.やわらかい ー かたい(各1枚合計2枚)
2.日常 ー 非日常(個人的な範囲、自分にとっての)(各1枚合計2枚)
3.くつ ー 傘(地面と空、どう変わるか)(各1枚合計2枚)

を撮ってみましょう。
この3つの課題から1つ以上選んで、
事前に撮影して、L版にプリントし、
ワークショップ当日にご持参下さい。
(今回の課題の場合は、最低2枚、最高で6枚になります)

日時
2016年6月26日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

終了しました。

予定内容
・各自が撮影した課題写真を見ながらの講義。
・実施撮影
課題写真は全員で見ますが、
順位を決めるようなコンテストは一切しません。
事前撮影課題で、傑作を撮るなど考えないで大丈夫です。
気軽に撮ってみて下さい。

参加条件です。
・デジタルカメラであれば、一眼でもコンパクトでもかまいません。
 フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・内容は初心者から中級者向けですので、上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1606表現ws希望 氏名
例 1606表現ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.でアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年5月25日(水曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-05-23 22:03 | workshop | Trackback
2016年 05月 06日
2016年6月 ストロボ撮影ワークショップ
2016年に6月にストロボ撮影のワークショップを行います。
このワークショップは、参加者のレベルを3段階にわけて行います。

レベル1 外部ストロボを持っていないけど興味がある
レベル2 外部ストロボを持っているけど操作方法に自信がない
レベル3 外部ストロボを持っていて、すでに遠隔発光方法を理解している

今回はレベル2から3 外部ストロボをすでに持っているけど、
カメラ本体からストロボを離しての発光設定がうまくできない方。
またリモート発光ができる方を対象にします。
f0168968_2131755.jpg

撮るものは「持ち寄りスイーツ」
各自の撮りたいスイーツを持ってきて下さい。
・手作りや高価なものなど、凝ったものではなくてかまいません、
 気軽に手に入るもので。
 こちらでもある程度用意しておきます。
 
注:撮影方法のワークショップであり、テーブルコーディネートではありません。
f0168968_2133118.jpg

f0168968_2133764.jpg

f0168968_2134234.jpg

ストロボを使うと、絞りのコントロールが楽にできます。
f11にしてもシャッター速度を1/125などにできるので、
手ブレなどあまり気にすることなく撮影できます。
それだけに絞りの設定にこだわってみましょう。
特に小さいスイーツを撮る場合、
絞りとピントのあわせる位置で、印象が大きく変わります。
その辺りの解説を前半にして、
後半は各自の撮影時間とします。

日程:2016年6月5日(日曜日)
時間:午後1時半から4時の、2時間半です。
場所は都内、参加費は6000円です。
定員5名。
定員になり締めきりました

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
 そして別途、外付けのストロボを所有している方。
 コンパクトデジタルカメラやフィルムカメラではご参加できません。
・室内撮影、テーブルフォトに興味のある方。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・室内撮影をまったく行わない方
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加希望の方は、メールでお知らせ下さい。
定員になり締めきりました
メールタイトル
1606ストロボws希望 氏名
例 1606ストロボws希望 関川真佐夫

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.所有している外付ストロボの名称(例 キャノン430EX II)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2016年5月8日(日曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
:->
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-05-06 21:07 | workshop | Trackback
2016年 04月 16日
ニコンとキャノン、オリンパスの表示について
最近、重い一眼レフから、
オリンパスの軽量ミラーレスに買い換える方が、
まわりに増えています。
機材の軽量化を求める要望が多いので、
そんな人がこれからも増えるかもしれません。

ニコンからオリンパスへの移行は問題ないですが、
キャノンからオリンパスの場合は、表示が異なります。
まずニコンとキャノンが色々と違いすぎるのです。
f0168968_1850295.jpg

・M マニュアル露出 これは各社統一。

・絞り優先モードですが、
絞りは英語でApertureです。
なのでニコンの絞り優先モードは、
Aモードですが、
キャノンは値のvalueをつけるので、Avモードとなります。

・シャッター速度優先モードですが、
ニコンはシャッター ShutterのSを使い、Sモード。
ところがキャノンはタイムTimeを使い、それにvalueで、
Tvモードとなります。
機能は同じです。

・PはプログラムProgramモード、フルオート露出です。
f0168968_18512192.jpg

オリンパスはニコン式に、
M マニュアル露出
S シャッター優先
A 絞り優先
P プログラムオート
です。

ただし、ニコンとキャノンの場合、
Mマニュアルモードと、A絞り優先モードが隣り合わせですが、
オリンパスの場合は、
Mマニュアルモードの隣はSシャッター優先モードです。

次に、低速シャッター速度のカメラ内表示が異なります。
f0168968_1852327.jpg

シャッター速度は、1秒を基準に、倍々で変化します。
1/125秒は、カメラ内では125とだけ表示されます。
1/8秒なら8と。
ところが、1/4秒より遅くなると、
ニコンとキャノンでは異なります。
ニコンは2が1/2秒のことですが、
キャノンはストップウォッチのように、0”5秒となります。
もちろん1/2=0.5なので、露出結果は一緒ですが、
紛らわしいですね。
ちなみにペンタックスもキャノンと同じ表示です。
オリンパスはニコンと同じ。

他にも、露出の測り方設定で、
キャノンは「評価測光」
ニコンは「マルチパターン測光」
と言ったり、名称の違いは各社によりたくさんあります。

余談ですが、名称こだわると、
「キャノン」は間違いで「キヤノン」が正しく、小さい「ャ」ではありません。
でも、発音考えるとキャノンですよねぇ、、、

--------
[PR]

# by sekigawa88 | 2016-04-16 18:57 | lesson | Trackback