2009年 05月 06日
Elliott Erwitt エリオット・アーウィット写真展 New York and Dogs
f0168968_0112672.jpg
Elliott Erwitt エリオット・アーウィット写真展 New York and Dogs
2009年7月19日まで。
ライカ銀座店サロン
東京都中央区銀座6-4-1
電話:03-6215-7070
開館時間:
11:00 ー19:00 
月曜日休館





今回の展示は、2008年にアーウィットが出版した写真集、
「Elliott Erwitt's New York」から8点、
「Elliott Erwitt's Dogs」から6点、
合計14作品が展示されています。
わずか14作品ですので、わざわざ見に行くというよりも、
銀座に行く用事があればついでにご覧になるといいかと思います。
(写真展は展示点数で見に行くのを決めるものではありませんが)


アーウィットのオフィシャルサイトでも、小さいサイズですが作品を見ることが可能です。

氏の作品を語られる時に、いつも「ウイットとユーモア」という言葉が使われます。
それぐらい、写真を見ると、くすっと微笑んでしまうものが多いのです。

愛犬を撮影している方は、是非「Elliott Erwitt's Dogs」という写真集をご覧下さい。
上記会場で販売もしていますし、無料で閲覧することもできます。

犬の写真、猫の写真の多くは、犬好き、猫好きの人々を惹きつけるものです。
逆に言うと、犬や猫に興味のない人には退屈なものになる場合があります。
ところが、アーウィットの撮る犬の写真は、世界中で愛されていて、犬好きでない人にも人気があります。
この違いは何でしょうか。
「'犬の'写真」と「写真」の違いです。
犬という被写体の可愛さなどに依存しきることなく、アーウィットの作品として確立しているからだと思います。
その写真には犬が写っているのですが、よくよく見ると写っているのは、
犬だけではなくて、アーウィットの視線そのものなのだと思うのです。
アーウィットは犬を見下ろすことは少なくて、自らが犬と同じ目線の高さで撮影しています。
犬に対する敬意にあふれていて、何よりも重要なのは、犬の可愛さではなく、写真の面白さです。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2009-05-06 00:12 | exhibition


<< 1dayワークショップ・テーブ...      EOS Kiss X3無料貸し... >>