2009年 05月 30日
Nikon D90の初期設定
海外在住の友人がNikon D90をご購入されたとのこと。
このカメラの簡単な初期設定を記事にします。





最初にNikonのサイトから、日本語の取説をダウンロードして下さい。
買われた国の言語の取説しか付属していないと思います。

ダウンロードページ
  ↑こちらをクリック 下の画像は↓キャプチャーです

f0168968_052056.jpg
二つあります、使用説明書とクイックガイドがあるので、両方とも。
紙の説明書は300頁もありますので、PDFのほうが検索が早く便利です。

購入時のバッテリーはフル充電ではないかもしれません。
設定をするぐらいの残量はあると思います。
カメラにバッテリーを入れると、最初に日時の設定画面になります。
お国の日時を設定して下さい、ワールドタイムで地図設定も。
地図と時刻の設定をしていくと、他の国に旅行した時の設定変更も楽です。

f0168968_053456.jpg
カメラ背面左のMENUボタン、これでだいたいの設定はできます。
f0168968_055289.jpg
D70の時よりも設定項目が増えています。
スパナ(セットアップメニュー)を選んで、言語を日本語に切り替えて下さい。
15カ国語あります。
一昔前のデジカメなら英語でもいいのですが、
新機能のアクティブDライトなんて、辞書ひいても載っていないので。
日本語でも説明難しいです(^_^;)
f0168968_0614100.jpg
D70にはなかった項目で、最近設定した項目
というのがあります。
頻繁に変更する項目は常にここにでるので、
深い階層を探さなくても楽です。
f0168968_06342.jpg
時刻はスパナ(セットアップメニュー)でも変えられます。

次にSDカードを入れます。
最初に必ず、フォーマット(初期化)をして下さい。
スパナ(セットアップメニュー)の中に、カードの初期化(フォーマット) というのがあります。

カードはすべての写真をPCにバックアップされていることを必ず確認して。
バックアップしたら、毎回次の撮影前にカードの初期化(フォーマット)を推奨しています。
パソコンでのフォーマットを続けていると、
まれにカードの書き込み速度が遅くなることがあります。
f0168968_073228.jpg
カメラアイコン(撮影メニュー)にします。

ピクチャーコントロールは、スタンダード(工場出荷状態)でいいです。
f0168968_084351.jpg
画質モードは、FINEで。
RAW+FINEというのがありますが、これではなく、FINEです。

画像サイズは、3段階選べます
L 1200万画素
M 680万画素
S 300万画素

D70のLよりも、D90のMのほうが大きいです。
ブログ以外に使わないのでしたら、Sでも充分ですが、
たまにプリントするのでしたらMぐらいでいかがでしょう。
LはA3サイズなどの大きなプリントをする時だけです。
普段はMにしておいて、ここぞというものを撮る時だけLでいいと思います。

ホワイトバランス、ISOは、D70の時と同じでいいと思います。
お好みで。

アクティブD-ライティングというのがあります。
これをAUTO(工場出荷状態)にしておいて下さい。
これはD70にはなかった機能です。
これについてはまた詳しく後日に。

これだけ設定すれば、後は今までと同じ感覚で撮影してみて下さい。
またわからないことあればメールで。
f0168968_093335.jpg
スパナ(セットアップメニュー)に電池チェックというのがあります。
残りのバッテリー量がパーセント表示され、
充電後の撮影回数までわかります。
とても便利な機能ですので、出かける前日などはチェックしてみて下さい。


注:
上記画像は、ニコンD90の取り扱い説明書(PDF)画面のキャプチャーです。
この記事の画像の著作権はニコンカメラ販売(株)にあります。

この記事の設定は例の一つで、すべての人に推奨するものではありません。
この記事のテキスト著作権はsekigawa88にあり、無断転載は固くお断りします。
この記事の責任はsekigawa88にあり、ニコンカメラ販売とは関係がありません。
この記事のリンクは自由で、連絡は一切不要です。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2009-05-30 00:09 | lesson


<< マチェドニアの撮り方、の一例・その2      マチェドニアの撮り方、の一例 >>