2009年 12月 27日
2010年1月 1dayワークショップ・中級のお知らせ
f0168968_23423023.jpg
2010年1月23日土曜日、1dayワークショップを行います。

初級コースを終えた方、
すでに一眼レフデジタルカメラの基本は理解している方を対象にしたワークショップです。
今回のテーマは室内での物撮り限定で「黒いものを撮る方法」です。

定員になり、締め切りました。



f0168968_23425421.jpg
黒い器などを撮る時に、ピントあわせや露出などが難しく感じている方。
チョコレートなどを撮りたいけどうまく撮れないと思われている方を対象に、
1 ピントを合わせるコツ
2 黒いものを撮る時のライティング・光のまわし方
3 露出の設定
などです。
三脚やレフ板を使います(こちらで用意します)
自然光だけでなく人工照明を使う方法も解説します。
(内容は変更する場合もあります)
f0168968_23431395.jpg
日時 2010年1月23日(土曜日) 午前10時半から12時半まで(最大延長13時)

場所 都内

定員 5名
料金 4500円

参加条件です。
1.
事前の課題があります。
チョコレートや器、雑貨など、黒系のものをご自分で撮影して下さい。
(完全に真っ黒いものでなくてもかまいません)
その写真を、前日までにメールで提出していただきます。
そして、当日は、その撮影した物をご持参下さい。
撮った写真を見ながら、どう撮るといいか、などを解説していきます。
(おひとり1品、提出写真1枚)
必ず持ってこられるものを撮影して下さい。
賞味期限のある食品の場合は、同等の物を。
またワークショップで撮影する時に、
冷蔵庫や電池レンジなど調理の必要なものは不可です。
わからない場合は事前にご相談下さい。
不可の例・チョコレートフォンデュ、黒い犬など(生物全般)、1メートルを超えるもの、など

2.
参加するにあたり、以下の設定変更を自分でできる方。
・露出補正変更
・ホワイトバランス変更
・マニュアル露出モード
・マニュアルフォーカスとオートフォーカスの切り替え
(これらを使いこなしているということではなく、自力でカメラの設定変更ができるということです。
 過去に初級コースを受けられた方は問題ありません)

定員になり、締め切りました
上記条件を満たしている方で、参加ご希望の方は、メールでご連絡下さい。
定員を超えた場合は抽選になります。

メールタイトル
100123参加希望 氏名
(例 100123参加希望 関川真佐夫)

本文に
1 本名
2 メールアドレス
3 使用一眼レフカメラ名
4 撮ってみたいと思っているものなど(申し込み時点では確定でなくてかまいません)
5 ワークショップへの要望
6 ブログなどがあればURL

1から5すべて必須です。
6は無しでもかまいません。
また5は特に長い文章などを書く必要はありません。
1行程度でもかまいません。
「特になし」というのだけはさけて下さい。

希望者が多い場合は、2010年1月3日23時59分にいったん締め切り、
翌日中に、抽選してメール連絡いたします。
この日までに定員が埋まらない場合は抽選は行わず、申し込み順になります。

注・希望定員が3名以下の場合は中止になります。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
その場合のメールタイトルは、
 器撮影 質問
として下さい。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2009-12-27 23:43 | workshop


<< 写真展 ''木...      2010年1月初級コース(全3... >>