2011年 09月 29日
構図の基本 その2
構図の基本 その1の続きです。
これが難しかった、といわれましたので、なるべく簡単な話を。
f0168968_16253890.jpg

画面の縦横を1/3に分割して、その線に交わるところに主題があると、
かっちょいい構図になる。と、言われることがあります。
f0168968_16264233.jpg

こんなふうに、ど真ん中に配置するのではなく、
f0168968_16271095.jpg

1/3線の交点に主題を配置する、ということです。
これの元の考え方は、黄金比というのですけど、計算式が面倒なので、割愛します。
要は、一番撮りたいものを、画面の中心から少しずらしましょう、ということです。
f0168968_1630598.jpg

こういうふうに真ん中ではなくて、
f0168968_16312021.jpg

こんな感じです。
ぴったり1/3交点ではなくて、だいたいの感じでいいのです。
少しずらすだけでも印象は変わります。
え、難しい?
そうなんですよね、簡単そうで難しいんですよね。
ついつい撮りたいものは中心に配置してしまいますものね。
コツとしては、カメラをのぞくとき、常に画面の四隅を見ながら考えてみましょう。
真ん中ばかり見ていると、中心に集まってしまいます。

でも、画面の中心に物がある構図は悪いことではないのですよ。
f0168968_16342959.jpg

それで迫力を出すこともできますので。

(つづく)
[PR]

by sekigawa88 | 2011-09-29 19:46 | lesson


<< 撮影会のお知らせ 築地〜かちどき橋      2011年10月 1dayモノ... >>