2014年 05月 14日
2014年6月 名画名作に学ぶ構図ワークショップのお知らせ
印象派の画家スーラ。
彼の代表作でもある
グランド・ジャット島の日曜日の午後
(リンク参照)
この作品には、多くの人や景色、たくさんの情報がつまっています。
でも、とても明瞭なすっきりした構成になっています。
その理由は構図にあります。
f0168968_12155145.jpg

画面をゆるやかな線で三分割していて、
下から上へ(a,b,c)の順に明るくなるグラデーション、
それに垂直に人物や木々が配置されています。

葛飾北斎の有名な「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏
(リンク参照)
この絵に占める富士山の面積はとても少ないのですが、
それでも富士山が強調されています。
f0168968_1217766.jpg

日本画の伝統では、右受けといい、
画面の右下に主題を配置することが多くあり、
これは三分割構図にした場合の右下ポイントに、
富士山の頂点があります。
まずそこに視線を誘導して、
さらに富士山のまわりを空白にして、
孤高の存在として強調、
大きな波が左上にかかる額縁効果など、
色々工夫がほどこされています。

写真家・ドアノーが撮影したピカソ
(リンク参照)
ドアノーに限らず、構図上手な写真家は、
対角線や斜線の使い方が上手です。
画面を分断する斜め線の上に、主題を配置したりしています。
f0168968_12175114.jpg


書道や陶芸などを習う時、最初に先生のお手本を真似することから始まります。
写真も同じで、過去の巨匠の作品から色々なコツを見つけてみましょう、
そんなワークショップを行います。

日時:
a: 2014年6月8日(日曜日)午前10時30分から12時30分までの2時間。
定員になり締め切りました。

b: 2014年6月15日(日曜日)午前10時30分から12時30分までの2時間。
定員になり締め切りました。

(内容は同じですので、両日の参加はできません)

注:悪天の場合は日程変更になります。

参加条件は、
・デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラを持っていること。
・事前に購入していただく写真集(洋書)があります。
アマゾンで1600円前後です(価格はレートにより変動します)

以下の方は、ご遠慮下さい。
・自分の撮りたい世界がすでにあり、撮りたいもの、撮りたくないものが明確。
  例・風景は撮りたくない、料理だけを撮りたい、など。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。


定員5名。
料金は各回5000円。
場所は東京都内、カフェや公園など。
ドリンク代や入園料などはそのつど実費が別途かかります。

ご希望の方は、メールでご連絡下さい。

メールタイトルを 「1406構図ws希望 氏名」と記入。
 例 1406構図ws希望 関川真佐夫

本文には
1.氏名
2. メールアドレス(2.の間に1文字分スペースをあけて下さい。
  3日に一回はメールチェックできるもの、写真添付可能なもの、フリーメールで可。)
3.所有デジタルカメラの機種名(オリンパスEP3レンズキット、など)
4.参加希望日(以下のいずれか)
 b: 6月15日(日曜日)のみ、a不可

5.ブログやサイトなどがあればURL
6.撮ってみたい被写体があれば(花、食べ物、風景、など)、
  その他質問、ワークショップへの要望を記入して下さい。

サイトなどない方は、5は不要ですが、1から4は必須です。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので、再送下さい。

また参加希望者が開催一週間前までに、3名に満たない場合は中止になります。

希望者が多い場合は抽選になります、
2014年5月16日(金)22時でいったん締め切り、抽選になります。
この日までに定員が埋まらない場合は抽選は行わず、申し込み順になります。


応募しようか迷っている方、ご質問だけのメールもお気軽にどうぞ。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2014-05-14 19:30 | workshop


<< 写真について 01      写真サークルのお知らせ >>