2016年 04月 16日
ニコンとキャノン、オリンパスの表示について
最近、重い一眼レフから、
オリンパスの軽量ミラーレスに買い換える方が、
まわりに増えています。
機材の軽量化を求める要望が多いので、
そんな人がこれからも増えるかもしれません。

ニコンからオリンパスへの移行は問題ないですが、
キャノンからオリンパスの場合は、表示が異なります。
まずニコンとキャノンが色々と違いすぎるのです。
f0168968_1850295.jpg

・M マニュアル露出 これは各社統一。

・絞り優先モードですが、
絞りは英語でApertureです。
なのでニコンの絞り優先モードは、
Aモードですが、
キャノンは値のvalueをつけるので、Avモードとなります。

・シャッター速度優先モードですが、
ニコンはシャッター ShutterのSを使い、Sモード。
ところがキャノンはタイムTimeを使い、それにvalueで、
Tvモードとなります。
機能は同じです。

・PはプログラムProgramモード、フルオート露出です。
f0168968_18512192.jpg

オリンパスはニコン式に、
M マニュアル露出
S シャッター優先
A 絞り優先
P プログラムオート
です。

ただし、ニコンとキャノンの場合、
Mマニュアルモードと、A絞り優先モードが隣り合わせですが、
オリンパスの場合は、
Mマニュアルモードの隣はSシャッター優先モードです。

次に、低速シャッター速度のカメラ内表示が異なります。
f0168968_1852327.jpg

シャッター速度は、1秒を基準に、倍々で変化します。
1/125秒は、カメラ内では125とだけ表示されます。
1/8秒なら8と。
ところが、1/4秒より遅くなると、
ニコンとキャノンでは異なります。
ニコンは2が1/2秒のことですが、
キャノンはストップウォッチのように、0”5秒となります。
もちろん1/2=0.5なので、露出結果は一緒ですが、
紛らわしいですね。
ちなみにペンタックスもキャノンと同じ表示です。
オリンパスはニコンと同じ。

他にも、露出の測り方設定で、
キャノンは「評価測光」
ニコンは「マルチパターン測光」
と言ったり、名称の違いは各社によりたくさんあります。

余談ですが、名称こだわると、
「キャノン」は間違いで「キヤノン」が正しく、小さい「ャ」ではありません。
でも、発音考えるとキャノンですよねぇ、、、

--------
[PR]

by sekigawa88 | 2016-04-16 18:57 | lesson


<< 2016年6月 ストロボ撮影ワ...      2016年5月 写真表現ワーク... >>