2017年 11月 20日
富士フィルムスクエア アンセル・アダムス写真展 2017
f0168968_09442874.jpg
おすすめ写真展
11/17から六本木ミッドタウン1F・富士フィルムスクエアで、
「FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展:二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」
が開催されています。
12月6日(水)まで、入場無料

公式サイト

アンセル・アダムスは、アメリカの写真の父と言われる人で、
モノクロでヨセミテの風景写真などを撮影した人です。
彼の作品により、ヨセミテが国立公園になりました。
写真家であり、科学者でもあり、
たくさんの写真に関する論文を発表して、
コダック社のフィルムや印画紙開発の手助けもしました。

アダムスが、ゾーンシステムというのを編み出して、
モノクロプリントの基準を作り現在まで使われています。
ハイライト(白)からハイシャドウ(黒)までの階調を、
11段階にしてプリントする方法です。
彼の研究で、コダック社はフィルムや印画紙などを作り、
アドビ・フォトショップのモノクロ専門プラグインSilver Efex Proにも、
ゾーンシステム機能があります。

アンセル・アダムスの作品は、
毎年どこかで数点の展示がありましたが、
60作品まとめて、というのはなかなかありません。
この機会に是非。

「ネガは楽譜、プリントは演奏」
と言ったの究極のモノクロプリント、
webや印刷物を見てもわからない、
オリジナルプリントの圧倒的な美しさは、
モノクロプリントの世界基準です。
f0168968_09470762.jpg



:->




[PR]

by sekigawa88 | 2017-11-20 09:47


<< 写真展「アジェのインスピレーシ...      2017年12月ws作家シリー... >>