2008年 10月 08日
'パリ・ドアノー'  ロベール・ドアノー写真展
f0168968_2284547.jpg
日本橋三越で開催中の'パリ・ドアノー'  ロベール・ドアノー写真展を観てきました。
古きパリをモノクロームで撮影した写真の数々、とても美しく、そして楽しい、
くすっと笑ってしまうような、難しい話を抜きにして楽しむべき作品群です。
f0168968_22192189.jpg
ドアノーの全作品ではもちろんないのですが(45万枚の中の200点)、見応えありました。
全作品を丁寧に見るのは混雑していて難しいので、
最初にさっと全体を見て、また引き返して、気に入ったものをじっくり見るのがいいでしょう。
また、会場外で売られている写真集は、全作品収録のものではありませんでした。

13日まで、と会期が短いのが惜しまれます。
同じ内容の写真展が、来年京都でも開催されます。
 京都伊勢丹美術館「えき」KYOTO
 会期 :2009年1月31日(土)〜2月22日(日)
こちらは会期が長いのですね。

今月末のモノクロワークショップに参加される方は、必須です。
このような写真展を数多く見ているのと見ていないのでは、
これから後の写真の基礎体力が大きく違いますよ。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2008-10-08 22:26 | exhibition


<< 9月初級コース終了      ワークショップ中級コース デジ... >>