カテゴリ:exhibition( 63 )

2014年 08月 03日
ブログで課題写真 2014年7月 「橋のある風景」
2014年7月の課題写真「橋のある風景」に、
たくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです(敬称略)。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)
掲載は、いただいた時間順になっています。
送ったのに掲載されていない方がもしもいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再送お願いいたします。

f0168968_22125515.jpg

photo by nyanko
「東京ドームの近く、神田川にかかる後楽橋です。(すぐ後ろにかかるのは後楽園ブリッジ)」
にゃんこのココロ

f0168968_22131446.jpg

photo by ZKphoto5

f0168968_221329100.jpg

photo by kou25_as
「横浜にて、今にも雨が降り出しそうですが花火が打ちあがるのを2人で待っています。 」

f0168968_11405480.jpg

photo by mai
「松島の五大堂に向かう透かし橋。
  隙間から水面が見えるのは気を引き締める為だそう。」
e komo mai

f0168968_21431274.jpg

photo by lagrue
「ここは隅田川です。「はーるの うらーらーの」と聞こえてきます。」

f0168968_21544986.jpg

photo by ozwattle
「広い空と大地を満喫した知床国立公園の高架木道」
ワトルの丘

f0168968_22423370.jpg

photo by 谷中利行
「石巻市渡波地区でのボランティア活動へ向かう途中、万石橋を渡る直前の車中から撮影。」
= Krankheit zweit =

f0168968_1325099.jpg

photo by 73
「様々な人々が行き交う、グランドセントラル駅の側にかかった、エネルギーに満ちた橋です。」

f0168968_1326315.jpg

photo by flower living
「河口湖日帰りの旅。今度来るときはこの橋を渡ろうっと!」
flower living

f0168968_775569.jpg

photo by 橋の助
「駒込駅前の本郷通りを北へ向かうと、歩道の中央に旧駒込橋の遺構
  があり、両脇を楽に通行しています。」

f0168968_7114338.jpg

photo by ふとし
「トンネルの向こうも電車が通ってる!でも、物珍しげにしているのは私だけでした。」
なごやの東から

f0168968_715970.jpg

photo by Lugarfoto
「暑い盛夏の一日、清流の中の釣り人。涼しげに見えました(木曽の大橋・奈良井宿より)」
お散歩=Lugarfoto

f0168968_7174978.jpg

photo by Pianissimo
「初めて訪れた吹割の滝、涼を求めて来たけれど・・水少なめで気温32度
  暑かった。。。」

f0168968_19391491.jpg

photo by 山崎眞理
「梅雨明けの日に。京都、高瀬川に架かる小さな橋に夏が降り注いでいました。」

f0168968_21415383.jpg

photo by 大森恒彦
「土浦"匂橋"。桜川にかかる歩行者・自転車専用橋です。奥に見えるのは桜川橋。」

f0168968_21464717.jpg

photo by 1. Miyabi
「午前5時、多摩川の河原へ愛犬と朝の散歩に行きました」
あした吹く風・・・miyabi's photo

f0168968_2222384.jpg

photo by とにゃまま
「大好きな見沼田圃の風景。サイタマ的オシャレ橋の眺めです。」
とにゃりん。備忘録

f0168968_9594120.jpg


photo by 関川真佐夫
「東京で一番長い橋は首都高速だそうです、ずっとずっと向こうまで。」



エキサイトブログの写真サークルでは、
7月の課題が「つめたい飲みもの」でした。
こちらも面白い写真が多く集まりましたので、
是非ご覧下さい。
----------------------
[PR]

by sekigawa88 | 2014-08-03 10:06 | exhibition
2014年 06月 03日
写真について 01
5月5日夕方5時」で集まった写真の感想を書いてみようと思います。
その前に、ちょっと長くなりますが、
世の中に出回っている写真を、大ざっぱに分類してみます。
(明確な定義ではないし、ここに入らない例外もたくさんあります。)
f0168968_10434897.jpg

この図は写真の種類を4つに分類しています。
上半分がポジティブな写真のグループ(AB)。
楽しい、安心、あったかい、幸福な系統です。

下半分がネガティブなグループ(CD)。
事故や事件などの系統。

左半分は日常的な写真のグループ。
日々の食事、お散歩写真など(A)。

右半分は非日常的な写真のグループ。
旅行、豪華な食事(B)、
そして事故や災害などの写真です(D)。

4つどれもが中心から離れるほど、その度合いが強まります。
遭遇すること、撮影することの難易度が上がります。
f0168968_10441535.jpg

ブログやSNSの写真の多くは上半分、AかBです。
圧倒的に多いのはAの日常風景です。

新聞や週刊誌にAのような写真は、
ほとんどありません。
その多くがDで、事故事件などです(D)。
情報誌やファッション誌、旅行ガイドなどの写真はBです。

写真として意外と少ないのはCです。
理由は、撮るのが難しいから。
仕事や家庭の写真を撮って公開するわけにもいかないし、
怒りをテキストで書くのは簡単ですが、
それをビジュアルで表現するのには、
高度なテクニックが必要です。
だからか、Cのような内容のブログやSNSは、
テキスト中心になります。
(小説などではCのジャンルがたくさんあります。)

ブログやSNSの写真に食べ物写真が多いのは、
撮りやすく、さらに1日に撮影チャンスが数回あるので、
ネタが尽きないからです(Aの系統)。

これに対して、Bの非日常の風景だけを
ブログにあげる人もいます。
更新も、イベントが多い週末に集中します(B)。
逆に、日々のお弁当だけを撮っている人は、
月ー金の更新が多くなります(A)。

僕がブログにあげている写真のほとんどは、
Aの日常です。
身の回りにある特別でないものを、
きれいに撮りたいと心がけています。

そして、撮ろうと思っても難しいのは、
ABCDのどれでもない写真です。
十字線の交点、スタート地点(0位置)の写真です。
これを撮ろうと思うと、感情を無視して、
目の前の光景を淡々と撮ることになります。
写真の中に、特別な情報はなく、
幸福も不幸も感じない写真。
そのような写真が、アメリカで70年代に流行った、
ニューカラーと言われるジャンルです。
(興味ある方はニューカラーで調べてみて下さい。
ウィリアム・エグルストンという写真家が情報の均一化という手法を確立しました。)

ようやく本題です。
5月5日夕方5時のテーマで集まった写真の多くは、
A(日常の幸福)でした、まれにB(非日常の幸福)の写真もありました。
CそしてDがないことにほっとしました。
(その時間で怪我する人もいるかもしれなかったので)

僕の予想では、十字線のゼロスタート地点の写真が多く集まるかと思っていました。
幸も不幸もない、目の前の光景を淡々と撮った写真です。
そのような写真は、5時0分0秒ジャストの瞬間、
として募集したほうが集まったのかもしれません。
今回、夕方5時ぐらい、と時間の幅を持たせたので、
多くの人(僕も含めて)、いつものAグループの被写体を、
意識したのでしょう。
中には、ゼロ地点のような写真を、
意図的に撮った方も見受けられました。

以上の話は、いい悪いの問題ではありません。
テーマを提示した時に、
実験的な試みと書いたのは、こんな理由です。
ご協力いただいた方に深くお礼申し上げます。
また、こんな遊びをいつかしてみたいと思います。

追:エキサイトブロガーしか入ることができませんが、
テーマで撮ろう!ツキイチ写真部! ー写真がもっと好きになるー
というサークルを作りました。
6月のテーマは、「郵便ポストのある風景」です。
(閲覧は誰でもできます。)

このブログでの課題写真は、7月にまた募集いたします。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2014-06-03 22:42 | exhibition
2014年 05月 07日
ブログで課題写真 2014年5月5日夕方5時の風景
2014年5月の課題写真「5月5日夕方5時の風景」に、
たくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
f0168968_22554675.jpg

これが全体のサムネールです。
一見なんの関連もない写真の集合にしか見えません。
今までの「緑」「文房具」などの課題と比較すると、
まるで「無題」「自由テーマ」だったかのようです。
でも今まで以上に制約のある5月5日17時頃、
というテーマでした。
じっくり見れば、
・仕事風景がない
・休日のよう
・食事の時間
などの関連性を探すことができます。
今回はちょっと実験的なテーマでした。
これらから皆さんは何を感じることができたか、
ご興味ある方は感想などを教えて下さい。
僕個人の感想はまた後日に。

では皆様の作品です。
写真左下が、撮影者クレジットです(敬称略)。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)
掲載は、いただいた時間順になっています。
送ったのに掲載されていない方がもしもいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再送お願いいたします。

f0168968_225813.jpg

photo by 万行紗衣
「名古屋 オアシス21にて」

f0168968_2255744.jpg

photo by Miyabi
「ALL-FREEでキッチンドリンカーしてます」
あした吹く風・・・miyabi's photo

f0168968_2281721.jpg

photo by Amy
「夕飯は、家族も喜ぶ餃子。 残念、皮と具の帳尻が合わなかった。」
Once in a Life Time 

f0168968_2292379.jpg

photo by hana
「日の丸をなびかせてスイスイ走る都バス、道路はガラガラです。」

f0168968_2210246.jpg

photo by うつぼ
「椅子は二つあるのに、私の座っている椅子を横取りして、おもちゃとともに寝る猫。」

f0168968_22112376.jpg

photo by Lugarfoto
お散歩=Lugarfoto

f0168968_2212417.jpg

photo by 山崎眞理
「運河沿いのバーで。犬と一緒にちょっとひと息いれている人。」

f0168968_22154418.jpg

photo by chika nakajima
「降りそうで降らなかった一日。晩ごはん何にしようかな、と思いながらブラブラと。」

f0168968_22163933.jpg

photo by nyanko
「全員分のビールが届くまで、スマホの大きさ比べっこ中。。。」
にゃんこのココロ

f0168968_2217375.jpg

photo by corgi-love
「帰宅途中の車内で隣の夫の運転する手元を撮りました。」

f0168968_11335198.jpg

photo by ゆーも
「大隅半島からの眺めです。夕刻の桜島。天気がよくありませんでした」

f0168968_11343094.jpg

photo by ozwattle
「頼みもしないのにパパは朝から窓を磨いたりして・・・娘のお相手と初顔合わせでした。」
ワトルの丘

f0168968_19455417.jpg

photo by Choco
「企画に気付いたのが5時の45分前。5時には夕食の支度を始めていました。」
今日の空模様

f0168968_20143125.jpg

photo by kaori
「そのとき猫はタンスの上から窓の外を眺めていた。」

f0168968_20161696.jpg

photo by La grue
「こんな眺望のあるお宅にお邪魔していました。」

f0168968_20181248.jpg

photo by 大森恒彦
「霞ヶ浦を行く水陸両用観光バス。土浦駅16:10発のツアーが湖から上陸する直前。」

f0168968_20202671.jpg

photo by kou25_as
「午後より雨模様。夕刻5時過ぎ、I半島の山側から雨雲が湧き上がってきていました。 」

f0168968_23294487.jpg

photo by Pianissimo
「息子の好きな物ばかりを並べて久しぶりに賑やかな食卓。大変だけど、楽しい時間」
気分上々 ~ Photo diary ~

f0168968_1252743.jpg

photo by 73
「実家に帰ったら必ず作る餃子。」

f0168968_13111749.jpg

photo by トンママ
「ボートは乗れなかったけどBBQ楽しかった。ママの背中からお姉ちゃんの脚が!」

f0168968_2265021.jpg

photo by 関川真佐夫
「進撃の巨人13冊を読みなおしていました。5時頃はたしか8巻あたり。」
今夜もeat it
[PR]

by sekigawa88 | 2014-05-07 23:03 | exhibition
2014年 04月 24日
東京都写真美術館 ロバート・キャパ展
東京都写真美術館に、
「101年目のロバート・キャパ」を見に行ってきました。

公式サイト

今さら説明の必要もありませんが、
ロバート・キャパは数々の戦線で撮影をした有名な写真家です。
大変人気のある写真家ですので、
毎年どこかで展覧会があるのですが、
現在、恵比寿で行われている展示は、戦争写真ばかりではなくて、
平和な時代、ポートレートなどが多く展示されていました。

ヘミングウェイ、マティス、ピカソ、スタインベック、カポーティ、
などの著名な作家たちを撮影した写真は、
どれも素晴らしいものでした。

「7フィートの竹の棒の先に木炭をつけて描くマティス」
と、釣り竿をもっているゲーリー・クーパーの写真には、
とある共通項があります。
モノクロ写真を撮る時の大きなヒントになりますので、
これから行かれる方は、ぜひこの2点をじっくり見てみて下さい。

展示は、5/11(日)まで。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2014-04-24 23:32 | exhibition
2014年 03月 15日
ブログで課題写真 2014年2月 「文房具」
2014年2月の課題写真「文房具」に、
たくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです(敬称略)。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)
掲載は、いただいた時間順になっています。
送ったのに掲載されていない方がもしもいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再送お願いいたします。

f0168968_19543546.jpg

photo by Choco
「Dr.Grip の使い心地が大好きで、日本に里帰りする度に好きな柄のものを購入しています。」
今日の空模様

f0168968_1956511.jpg

photo by 橋の助
「歳と共に文字を忘れ、書き直しや辞書を引くことが多いです。
  手帳には必需品となりました。」

f0168968_19573811.jpg

photo by chiseda ten
「愛用している色鉛筆と、その他は手元にあるペン類です。
色鉛筆は、20数年ほど前に購入したもので長い付き合いになっています。」

f0168968_19584146.jpg

photo by usaco
「トラベラーズノートと万年筆。インクは"冬将軍"がお気に入り。」
usaco photo

f0168968_19595034.jpg

photo by kou25_as
「スケジュール管理はデジタルばかりでなくいまだにアナログも併用中」

f0168968_2004382.jpg

photo by nyanko
「あちこちペタペタと使いたいけど、使ったら減っちゃうし・・・
  実に不条理な可愛すぎる付箋」
にゃんこのココロ

f0168968_202946.jpg

photo by 二見雅子
「1日の終わり。大好きな『あの人』を想いながら書く秘密の日記。」
Live one day at a time.


f0168968_203146.jpg

photo by kawachie
「ただいま通学中。私にとって必須のモノたちであります。」

f0168968_204753.jpg

photo by La grue
「卒業記念のペンです。なんと約30年も経ってるのです。」

f0168968_2044579.jpg

photo by Miyabi
「毎日使う仕事机のひきだしの中、少し可愛くアレンジ」
あした吹く風・・・miyabi's photo

f0168968_206664.jpg

photo by ふとし
「デコボコな画用紙で絵を描くのが好き。上手に描けてるように見えるから。」
なごやの東から

f0168968_207214.jpg

photo by 大森恒彦
「私と妻の手帳です。過去10年くらい同じ会社の手帳を二人で愛用しています。」

f0168968_2073888.jpg

photo by maricoo
「25年以上使っている電卓。昔は全て手計算、手書き。月に一本ボールペンを使い、
何百枚もの縦計算、横計算してたのが、今では信じられない!」

f0168968_2083435.jpg

photo by Lugarfoto
「春の日差し」
お散歩=Lugarfoto

f0168968_2093090.jpg

photo by Pianissimo
「可愛い物を見つけると、我が家に連れ帰りたくなる
それが、実用向きかどうかという事は二の次として・・」

f0168968_2122333.jpg

photo by 山崎眞理
「小振りだけど頼もしい相棒。ペリカンの万年筆。」

f0168968_21232090.jpg

photo by 関川真佐夫
「学生の頃からずっと使っているドイツ製の鉛筆削り」
今夜もeat it
[PR]

by sekigawa88 | 2014-03-15 22:48 | exhibition
2014年 01月 10日
ジョセフ・クーデルカ展
竹橋の近代美術館に「ジョセフ・クーデルカ展」を見に行ってきました。
会期終了しました

公式サイト

クーデルカは、チェコスロバキア出身の写真家。
プラハの春(ソ連のプラハ侵攻)を撮影して有名になりました。
それらの写真もすごいのですが、
ジプシーの生活を撮り続けた作品群が、
とても素晴らしいものばかりでした。

32歳でイギリスに亡命。
それまで社会主義で育った彼は、資本主義社会に馴染めず、
イギリスなど西側諸国を撮影した写真は、孤独感の固まりで、
見ていて胸がつまる思いでした。
廃墟シリーズの最後、フランスの工場の写真は、
しばし見とれました、素晴らしい写真です。

展示は、1/13(月)まで。
11月から開催していたのですが、間際になってあわてて今日観てきました。
プリントも素晴らしく、黒が引き込まれそうにきれいでした。

(今頃の記事で、会期残りわずか、情報として遅くすみません)
[PR]

by sekigawa88 | 2014-01-10 22:45 | exhibition
2013年 12月 24日
おすすめモノクロ写真展 2013-12
東京地区限定ですが、おすすめの写真展です。
モノクロばかり。

会期残りが短い順番に

・名取洋之助展 12/29(日)まで
日本橋高島屋8階


・monochrome IX 「night . . . 夜」 1/25まで
西麻布ギャラリーE&M

・植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ 1/26まで
東京都写真美術館

これから開催

・写真展「ANSEL ADAMS」
2013年12月25日(水) ~ 2014年2月2日 (日)
リコーイメージングスクエア銀座

・ウィン・バロック写真展
フジフイルム スクエア写真歴史博物館
2014年1月3日(金)から2014年3月31日(月)まで


年末年始の休館などもありますので、
リンク先でよく確認して下さい。

良質なモノクロ写真をたくさん見ることで、
写真の基礎体力は向上します。
なるべくオリジナルプリントを。
上記では、ラルティーグ、アンセルアダムス、ウィンバロックは、
是非一度は見ることをおすすめします。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-12-24 07:37 | exhibition
2013年 12月 16日
ブログで課題写真 2013年11月 「招待状」
2013年11月の課題写真「招待状」に、
たくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです(敬称略)。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)
掲載は、いただいた時間順になっています。
送ったのに掲載されていない方がもしもいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再送お願いいたします。

f0168968_221399.jpg

photo by Miyabi
「夜の遊園地へ行きませんか?」
あした吹く風・・・miyabi's photo

f0168968_222350.jpg

photo by Choco
一緒にブランチを食べにいきませんか? 久しぶりにゆっくり話しましょう。
今日の空模様

f0168968_22342.jpg

photo by kou25_as
「今度の金曜日の午後、我が家でクリスマス直前のティータイムを楽しみませんか。」

f0168968_2234127.jpg

photo by nyanko
「冬至の夜、キャンドルを一つ持って 我が家にお越しください♪」
にゃんこのココロ

f0168968_2243081.jpg

photo by 大森恒彦
「ビールを飲みに行きませんか。我が家の近くにいいお店がありますよ。」

f0168968_12511485.jpg

photo by とにゃまま
「たまには冬の朝のお散歩、いかがですか。
いつもより近くにいる太陽がおもしろいものを見せてくれますよ。
こんなシマシマとか。
お天気の日にどうぞ。」
とにゃりん。備忘録

f0168968_1252870.jpg

photo by Pianissimo
「本格的な冬到来、毎日お忙しいでしょうが、我が家に温まりに来ませんか?」
気分上々 ~Photo diary~

f0168968_1253780.jpg

photo by Lugarfoto
「貴殿もクリスマスプレゼント交換会に参加してみませんか? 於:坂の上の洋館」
お散歩=Lugarfoto

f0168968_21365622.jpg

photo by Amy
「りんごの簡単なケーキを焼きました。おしゃべりしにいらっしゃいませんか。」
Once in a Life Time

f0168968_23274042.jpg

photo by waco
「Xmasシーズンですね。華やいだ時間を過ごしましょう。」
day-to-day

f0168968_9243390.jpg

photo by 山崎眞理
「次の日曜日。ティタイムは8時30分。いつものように練習場で待っています。」

f0168968_9523399.jpg

photo by 関川真佐夫
「二年ぶりの表参道イルミネーション、見に行って、その後鍋でもつつきましょう」

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-12-16 16:18 | exhibition
2013年 11月 21日
大阪 鋤田正義写真展SOUND&VISION+きれい
大阪心斎橋で、
写真家・鋤田正義氏の写真展があります。
デヴィッド・ボウイ、マーク・ボラン、YMO、AKBまで、
多くのミュージシャンを撮影している方です。
以前、恵比寿の東京写真美術館でも大きな展覧会がありました。


<鋤田正義写真展SOUND&VISION+きれい>
2013年11月23日~2014年2月2日
大阪アメリカ村心斎橋BIGSTEP B1 GALLERY

詳細は公式サイトで。
素晴らしい写真の数々です、大阪方面の方、是非。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-11-21 23:02 | exhibition
2013年 10月 20日
2013年秋 植田正治写真展(3カ所)
今年2013年は、写真家・植田正治の生誕100年なんですね。
この秋に、3カ所で展示が行われます。

・東京駅・東京ステーションギャラリー
「生誕100年!植田正治のつくりかた」
2013年10月12日(土)~2014年1月5日(日)
公式サイト

・鳥取県・植田正治写真美術館
「子どもたちの時間 植田正治とロベール・ドアノー」
2013年10月5日(土)-11月30日(土)
公式サイト

・・恵比寿・東京都写真美術館
「植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ-写真であそぶ-」
2013年11月23日(土) ~ 2014年1月26日(日)
公式サイト

植田正治(うえだしょうじ 1913年-2000年)はこんな写真を撮った人です。

植田正治とドアノー、どちらも大好きな写真家ですが、
鳥取までは行かれず残念です。
植田正治とラルティーグ、これも面白い組み合わせです、
来月から。
必ず見に行きます。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-10-20 23:18 | exhibition