<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 30日
フォトショップ・エレメンツで 作る年賀状 作例05
f0168968_21505671.jpg

アドビ・フォトショップ・エレメンツで年賀状を作る作例・その5です。
写真に影をつける方法、文字に対するエフェクトです。

作例は匿名希望の方からいただいた写真、
4枚の写真をベースに、その上に写真を重ねて影をつけます。
文字をハードロック風に、とのリクエスト。
炎で文字を描く方法もいくつかありますが、
難しくなるので、簡易的な方法にとどめています。

動画はこちらから。

PSE影のつけ方

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2010-12-30 21:51 | lesson
2010年 12月 22日
フォトショップ・エレメンツで 作る年賀状 作例04
アドビ・フォトショップ・エレメンツで年賀状を作る作例・その4です。
めりはりのない風景写真のコントラストをあげる方法です。
f0168968_11514713.jpg

作例は匿名希望の方からいただいた写真です。
遠景を撮影すると、この上のような写真になることがあります。
この場合は撮影時にフィルターなどを使って補正するのですが、
フォトショップでもある程度は補正できます。
f0168968_11521962.jpg

いくつか方法がありますが、スマート補正という機能を紹介します。
動画はこちら

PSEスマート補正
f0168968_11531896.jpg

写真に文字を載せる場合、場所に悩んだら、思い切ってど真ん中、
という方法もあります。
文字を色々な場所に移動して試して下さい。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2010-12-22 11:53 | lesson
2010年 12月 19日
フォトショップ・エレメンツで作る年賀状 作例03
アドビ・フォトショップ・エレメンツで年賀状を作る作例・その3です。
f0168968_207321.jpg

「夕日なので悲しく見えてしまうのかな?という点を踏まえて、
 人が元気になるようなイメージで加工して頂ければと思います。」
とのことでした。
うーん、難しいですね。
年賀状の写真選びはもちろん個人の自由ですから、
どれを使ってもいいのですが、夕日ということが気になっているのでしたら、
写真を変更したほうがいいかもしれません。
受け取った側は、たくさんの年賀状が届くうちの1枚ですが、
本人にとってみれば思い入れのある作業で、しかも1年間気になってしまうかもしれません。
まあ、フォトショップとは関係のないことですので、作業してみましょう。
f0168968_2082213.jpg

こんな感じでしょうかね。
これのポイントは、文字をぶらすことです。
作例01とは違い、文字レイヤーを複製して作業します。
詳しい動画はこちらです。
PSE文字ぶらし


:->
[PR]

by sekigawa88 | 2010-12-19 20:12 | lesson
2010年 12月 13日
フォトショップ・エレメンツで写真を4枚均等に配置する方法
アドビ・フォトショップ・エレメンツで年賀状を作る作例その2です。
匿名希望の方からメールで写真をいただきました。
f0168968_20392285.jpg

今回のテーマは複数ある写真を配置する方法。
年賀状に限らずブログでも、写真を4枚配置する方法の質問が多いので、記事にしてみました。

再びYouTubeです。
声が聞き苦しいと不評ですがご容赦下さい。

動画はこちら

動画ではわかりにくい設定を以下に載せています。

・画像サイズ変更
f0168968_20401160.jpg

写真のサイズを小さくする場合は、この図のように設定します。
このメニューでも設定画面を表示できますが、ショートカットキーを覚えましょう。
Macの場合は、command + option + I
Windowsの場合は、Ctrl + alt + I
です。Iはinformationの頭文字です。
f0168968_20403099.jpg



・文字周辺に白ふちをつける方法
文字レイヤーを選択した後に、このメニューでスタイル設定画面を表示させます。
f0168968_20404914.jpg

スタイル設定画面
f0168968_2044626.jpg

境界線にチェック
サイズを変更させることで、文字の周りの影の大きさを変更。
その右の正方形のボックスをクリックして影の色を変更。
不透明度を適宜変更
です。


・フォトショップの操作には多くの方法があり、これはその一つです。
自分の操作しやすい方法を見つけましょう。
・写真を加工する時は、オリジナル画像を必ずバックアップしてコピー画像で行いましょう。
失敗した時に再補正できるようにしておきましょう。

・この記事による操作で問題がおきてもこちらでは一切の責任を負いません。
・アドビ・フォトショップはアドビシステムズ(株)の登録商標であり製品です。
・この記事並びに当ブログのフォトショップ関連記事は、アドビシステム(株)とは一切の関係がありません。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2010-12-13 20:41 | lesson
2010年 12月 08日
フォトショップ・エレメンツで作る年賀状 作例01
アドビ・フォトショップ・エレメンツで年賀状を作る作例です。
匿名希望の方からメールで写真をいただきました。
f0168968_16595951.jpg

上がオリジナル、それをもとに加工したのが下の写真です。
大きな補正はほとんどしていません。
(ブログに掲載する都合上、人物表情は暗めにしています、実際はもう少し明るく補正しました)

今回使ったフォトショップ・エレメンツは8です。
現在の販売されているバージョンは9ですが、
特別な操作をしていないので、バージョン6以降であればできると思います。

フォトショップの操作手順をテキストで書くと大変長くなるので、
キャプチャー動画にして、You Tubeに載せました、ご参照下さい。
エレメンツ文字入力01

この動画に載せていない補足をいくつか。

・フォントのインストール
手書き風文字のフォントをインストールしています。
この作例では、1001 Free Fontsというサイトからダウンロードしました。
英語サイトですが、簡単です。
フォントの例がたくさんあるので、気に入ったものがあれば、
見本右にある「Windows Download」あるいは「Mac OS X Download」をクリックするだけです。
ダウンロードしたフォントのインストール方法ですが、
マックOSの場合は、フォントアイコンをダブルクリックするだけでできます。
ウインドウズの場合はOSによって異なるので検索して下さい。
Googleで、
「フォントインストール ビスタ」
「フォントインストール Windows 7」
などと入力して検索すればすぐに見つかります。

・フォトショップエレメンツの基本操作について。
動画が小さくてわからないという方は、拙著を参照下さい。
 写真の明るさの調整 142ページ
 特定の色を調整する 148ページ
 文字を入力する 156〜158ページ
 加工した写真の保存方法 152ページ
にあります。
「本に書いてあることを今さらワークショップで説明しないで下さい」
とご指摘されたので、割愛させていただいます。
本を無理に買わなくても、上記の動画をご覧になればできるかと思います。
ご質問などあれば、メールでご連絡下さい。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2010-12-08 17:02 | lesson