<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年 07月 29日
アンドレアス・グルスキー展 六本木・国立新美術館
f0168968_23152670.jpg

ドイツ人写真家、アンドレアス・グルスキー(1955〜)をご存知でしょうか。
彼の作品、1枚の写真が、4億3千万円で落札されたことで有名になりました。
(絵画と異なり複製可能な写真でこの値段は破格です)
そんなグルスキーの大規模写真展が、
現在、東京・国立新美術館で開催中です(9/16まで)
大変素晴らしい展示ですので、是非。

ぱっと見てわかりやすい写真ではなく、現代アートの範疇になるので、
簡単な鑑賞ガイドを、ご参考程度に。
先ずは、大ざっぱな写真史から。

・1840年頃、写真発明
 すげー、本物みたいに写る=単なる記録写真量産
 まだ写真機は大きくて重く、感度も低いので露光時間かかる

・長年の絵画の技法が写真に反映、構図とか主題とか

・第一次世界大戦勃発 戦争記録のための写真
 カメラが小型軽量になる、ガラス板からフィルムへ=量産への道
 印刷技術が発達、ニュース写真は印刷(大量複製)されて、世界中へ
 (1枚勝負の絵画と大きく道をわける)

・ロバートキャパ、ブレッソン 報道写真のヒーロー
 写っているものは、大きな事件であり、決定的瞬間であり、
 見るべき価値のある事象。
 主題A(ピントがあっている)があり、背景B(ぼけてている)がある。

・技術の進歩、美しい写真プリントの発達。
 アンセル=アダムス、アメリカの自然風景を撮る。
 モノクロプリントの定義決まる
 美術館に収蔵される写真は、美しいモノクロプリント、
 鑑賞写真の完成形。

・1970年代、それまでの手法へのアンチテーゼ。
 画面の隅々までピントを合わせる。モノクロでなくカラープリント。
 そこに写っているものに、事件性はない。どこにでもある日常。
 止まった時間。画面の隅から隅まで、すべてを等価値にする。
 ニューカラーと言われる流派の台頭。
 作例

・1970年代後半頃から、技術のインフレが起こる。
 カメラが安価に、フィルムも安価に、印刷プリント技術の進化。
 もはや写真は特殊な技術不要で、誰でもが撮影できるようになる。
 お金持ちだけのものでもなくなる。
 ニュースの記録や美しい風景写真だけでなく、コンセプトアートに重きを置く写真家が増える。

・1980年に、アンドレアス・グルスキー登場。
 彼の手法は、
 ・巨大プリント(書籍など流通印刷物での複製不可能なサイズ)
 ・画面全部にピント、シャープなプリント(画面内すべての物が等価値)
 ・大型カメラと望遠レンズを使う
  作品から離れて見ると、遠くにある景色を双眼鏡でのぞいているようで、
  作品に近づくと、細かいところまで大変緻密に表現されている、
  まるで、1枚の写真に望遠レンズとマクロレンズが混在しているかのような表現。

・2012年の作品「ライン川」が4億3千万円で落札、写真史で最高額。

と、ざっと簡単に。

グルスキーの写真は、写真集で見ても、今ひとつ理解できません。
でも美術館に行き、実際の作品を見ると、その迫力に圧倒されます。
どの作品も意味があっての巨大プリントです。
たとえばこのリンク先にある「99セント」という作品。
webで見てもわかりにくいのですが、
実際の巨大なプリント(3.2メートル×2.07メートル)で見ると、
まるでこのスーパーに実際にいるかのような錯覚を起こします。
そして、これでもかと迫る消費商品に押しつぶされそうになります。

印刷物でなくオリジナルを鑑賞できるいい機会です。
是非。

東京 2013年7月3日ー9月16日 国立新美術館
大阪 2014年2月1日ー5月11日 国立国際美術館

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-07-29 23:14 | exhibition
2013年 07月 28日
おすすめ写真展 2013年夏
2013年夏、東京地区でのおすすめ写真展のご紹介です。

恵比寿・東京都写真美術館
「写真のエステ-写真作品のつくりかた
平成25年度東京都写真美術館コレクション展」

2013年 ~ 9月16日 ( 月・祝 )まで。
詳しくは、公式サイトを。

写真の構成要素を、4つに分類して展示しています。
1.「アングル」
 構図について
2.「焦点」
 ピントについて
3.「光のあつかい」
 ライティングについて
4.「暗室作業」
 撮影後の処理、フィルム現像暗室作業、デジタル処理まで

今までにはない親切な展示で、個々の作品の下に、
とてもわかりやすい解説文が書かれています。
ただ、最初はざっと、タイトルも解説も見ないで一巡することをおすすめします。
名作ばかりで100点越え、大変みごたえのある展示です。
1回見た後に、もう1巡して、解説を読みながらだと納得できることも多いかと思います。
丁寧に見ていたら、2時間近くかかりました。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-07-28 21:55 | exhibition
2013年 07月 24日
2013年8月 三脚を使う夜景ワークショップのお知らせ
f0168968_1557944.jpg

2013年8月に、デジタル一眼レフカメラの、1dayワークショップを行います。
今回のテーマは「三脚を使う夜景ワークショップ」です。

・「手持ちでの夜景撮影」とは異なる内容です。
・ミラーレスデジタルカメラでも参加できます。

日時:
2013年8月31日(土曜日)18時00分から20時半までの2時間30分。
・途中10分ほどの移動時間含む。
・最大延長21時までです、横浜から遠距離の方は終電時間などご注意下さい。

定員:4名
料金:6000円
場所:横浜界隈

今回の夜景撮影は三脚を使用するもので、三脚は人数分すべてこちらで用意いたします。
移動はわずかな距離ですが、三脚などの都合、こちらの車での移動になります。

定員になり締め切りました。

注:三脚夜景wsは雨の場合は中止になります。

予定内容
・三脚の使い方の基本
・夜景撮影の露出の考え方
・長時間露光について
・夜景のピントのあわせ方の注意
・三脚を使っての構図のあわせ方
(変更の場合もあります)

参加条件は、以下の設定変更を自分でできる方。
・露出をマニュアル露出モードにできる。
 その場合の、シャッター速度と絞りの変更ができる。
・手ぶれ補正機能をオフにできる。
・ホワイトバランスを変更できる
・マニュアルフォーカスとオートフォーカスの切り替え

(これらを使いこなしているということではなく、
 取説を見ながらでもいいので、
 自力でカメラの設定変更ができるということです。
 過去に初級コースを受けられた方は問題ありません)

以下の方は、ご遠慮下さい。
・カメラを買われたばかりで、あまりにも操作に不慣れな方。
 (上記設定が取説を見ながらでもできない)
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
f0168968_15574840.jpg

ご希望の方は
メールでご連絡下さい。

定員になり締め切りました。

メールタイトル
1308三脚夜景ws希望 氏名
例 1308三脚夜景ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から4すべて必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。

2013年7月26日22時でいったん締め切り、希望者が多い場合は抽選になります。
この日までに定員が埋まらない場合は抽選は行わず、申し込み順になります。
注・ 希望定員が3名に満たない場合は中止になります。


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。


:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-07-24 21:35 | workshop
2013年 07月 24日
2013年8月 モノクロ夜景ワークショップのお知らせ
f0168968_2112962.jpg

2013年8月に、デジタル一眼レフカメラの、1dayワークショップを行います。
今回のテーマは「手持ちで撮る夜景撮影・モノクロ編」です。

日時:
2013年8月25日(日曜日)18時00分から20時00分までの2時間。

定員になり締め切りました。

More 続きを読む
[PR]

by sekigawa88 | 2013-07-24 21:33 | workshop
2013年 07月 21日
ブログで課題写真 2013年7月 「暑中見舞い」
2013年7月の課題写真「暑中見舞い」に、
たくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです(敬称略)。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)
掲載は、いただいた時間順になっています。
送ったのに掲載されていない方がもしもいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再送お願いいたします。

f0168968_2328032.jpg

photo by Choco
「ビーズアクセサリ作りに凝っていたころのガラスのかけら。今まで使い道がなかったけど。」
今日の空模様

f0168968_23294571.jpg

photo by kou25_as
「信じられないくらいの暑さの日々。水の流れで少し涼を感じていただければ幸いです。」

f0168968_23304777.jpg

photo by waco
「西表島の海です。こんな色があるのか、と目を疑うような色でした。」
day-to-day

f0168968_23314485.jpg

photo by chiseda ten
「iPhoneで写しました。」

f0168968_22565655.jpg

photo by Miyuki
「珍しく、からりと暑い夏の日に、木陰をお散歩する幸せ。」

f0168968_23395760.jpg

photo by 鹿月うさこ
「真夏日に海ほたるへ。キラキラ光る海を見ながらのんびりとお昼です♪」
Dragonfly Photo Groover


f0168968_848815.jpg

photo by Wam
「高校球児にエールを送ります。」
きょうのできごと

f0168968_851287.jpg

photo by Amy
Once in a Life Time

f0168968_8522119.jpg

photo by mai
「水の中は涼しそうです。。。」
ekomomai

f0168968_8533051.jpg

photo by Pianissimo
「空飛ぶペンギン!?」
気分上々 ~Photo diary~

f0168968_854556.jpg

photo by ふとし
「木陰でハンモックに揺られていると、なんだかもう、別世界です。」
なごやの東から

f0168968_8555267.jpg

photo by lugarfoto
お散歩=lugarfoto

f0168968_11155849.jpg

photo by 折橋久美子
「涼をもとめて風鈴市に行ってきました」

f0168968_11163775.jpg

photo by とにゃまま
「海に行けなくても、川辺の風が楽しめるよ、日本の夏。」
とにゃりん。備忘録

f0168968_11183372.jpg

photo by 大森恒彦
「上野公園で夏を楽しむ人々」

f0168968_14575743.jpg

photo by なかよし
「行田古代蓮の里にて。蓮は4日の命。今日、あなたに会えてよかった。」
撮ってもハッピー

f0168968_1459474.jpg

photo by コーギー大好き
「夏から連想するものをいくつか考えて、被写体にスイカを選び、購入してすぐ公園に行き背景が緑になる場所で撮影しました。」

f0168968_151836.jpg

photo by 山崎眞理
「暮らすように旅するオレゴンの夏。夏は愉しむためにあることを思い出す日々。」
オレゴン通い

f0168968_20292880.jpg

photo by Miyabi
みやびさんの*ほっとひととき

f0168968_20495675.jpg

photo by 四月うさぎ

f0168968_2121151.jpg

photo by 73

f0168968_21493910.jpg

photo by hana
「暑さを忘れる夏の波しぶきでした。」
はなの陽だまり写真日記

f0168968_21523650.jpg

photo by 関川真佐夫
「毎日暑いですね、スイカでも食べませんか、近くにいらしたら寄って下さい」
今夜もeat it


:->
[PR]

by sekigawa88 | 2013-07-21 22:30 | exhibition