<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年 08月 11日
花火を撮る方法(初心者向け)
f0168968_1748228.jpg

デジタル一眼レフやミラーレス一眼カメラで、
打ち上げ花火を撮る方法です(初心者向け)

【用意するもの】
・デジタル一眼レフカメラ(or ミラーレス一眼カメラ)
・キットズームレンズ(18-55などの広角域があるもの)
 花火を極端なアップで撮りたいのでなければ、
 極端な望遠レンズは不要です。
 また絞りを絞って撮るので、
 単焦点・開放値の明るいレンズ(高額レンズ)も不要です。

・三脚
 なるべく丈夫なもの。
 重いほうが安定します。
f0168968_1749090.jpg

1.ペンライト
2.リモコン
3.予備バッテリー
 これらはあると便利です。

 三脚があれば手ブレを防げますが、
 あわててシャッターを押すと、カメラぶれおこすことがあります。
 リモコンやレリーズでシャッターを切ることをおすすめします。
 僕はリモコンを使っています。

 カメラ操作の確認には、ペンライトがなくても、
 スマホの液晶画面で代用できます。
 でも、足元など照らすのにペンライトが1本あると便利です。

 バッテリーは必ずフル充電で。
 花火撮影は、長時間露光をするので、
 バッテリーの消耗が早くなります。
 たくさん撮る場合は、予備バッテリーもあると安心です。

・メデイアカード残量は余裕をもって。
 花火撮影は、運に頼る部分もあります、
 最初のうちは、たくさん撮って、数枚いいのがあれば、
 ラッキーぐらいの気持ちで。

【カメラの設定】
・ISOオートの解除 最低感度にする。
f0168968_17502828.jpg

 ISOオート(感度自動制御)というのは、暗いところで自動的に
 ISO感動が上がってしまう設定です。
 これをオフにして、カメラの最低感度に設定して下さい。
 だいたい200か100です
(機種により異なります、写真はニコンの場合)

・長秒時ノイズリダクション解除
f0168968_17504096.jpg

 デジタルカメラの写真は、
 ISOが高くなったり、1秒を越える長時間露光をすると、
 画面全体がざらついて見えることがあります(ノイズが発生します)
 それを防ぐために、ノイズリダクションというのがあります。
 きれいな花火の写真を撮るのには、
 これをオンにするべきなのですが、
 長秒時ノイズリダクションをかけると、
 撮影した後の動作が遅くなり、
 次々とあがる花火の撮影に遅れることがあります。
 最近のカメラは長秒時のノイズもでにくくなっているので、
 オフでもかまわないと思います。
 これはどちらがいいと、言い切ることが難しいので、
 好みで変えて下さい。
 初心者の方は、オフにしたほうが、現場でいらつかないと思います。

・ホワイトバランス(晴天)

 ホワイトバランスをオートにすると、
 冷たい感じの発色になる場合があります。
 これも好みだったり、各カメラのくせがありますので、
 晴天とオートで撮り比べてみて下さい。

・露出モードM
f0168968_1751592.jpg

 写真のようなダイヤルがあると思います。
 露出モードを決めるダイヤルで、
 ミラーレスの場合は、背面液晶メニューで設定したりします。
 これをM(マニュアルモード)という設定にします。
 Mにすると、シャッター速度も絞りも、
 自分で任意に決めることができます。

・手ブレ補正オフ

 三脚を使う場合は、手ブレ補正をオフにします。
 ニコンとキヤノンは、レンズに手ブレ補正のスイッチがあり、
 ペンタックスとオリンパスは、カメラボディ側にあります。
 自分のカメラの取説で確認して、オフにして下さい。
 ニコンはVRというスイッチで、キヤノンはISというスイッチです。
f0168968_17512795.jpg

・マニュアルフォーカスの切り換え。

 レンズ、カメラ側のどちらかに、
 A Mの切り換えボタンがあります。
 Aはオートフォーカス、
 Mはマニュアルフォーカスです。
 この位置を確認しておいて下さい、
 使い方は後述。

【撮り方の考え方】
・花火が地面から打ち上げられて
・空高くあがり
・大きく開き
・閉じる
 この間、数秒シャッターが開いていれば、写ります。
 花火の種類にもよりますが、3秒から8秒ぐらいが目安です。

【撮影】
・シャッター速度をバルブにする
f0168968_17514210.jpg

 バルブというのは、シャッターを押している間ずっと、
 露光できる機能です。
  シャッターボタンを押すと、撮影が開始されて、
  シャッターボタンから指を離すと、撮影が終了します。
 バルブはbulbと表示されます。
 シャッターダイヤルをどんどん遅い速度にして、
 30秒の次ぐらいにbulbがあります。
f0168968_1752398.jpg

 シャッター速度の表示ですが、
 上のように、ただ数字が書いてあるのは、1分の秒数です。
 30とあれば、1/30秒、2とあれば、1/2秒です。
 1秒、2秒の場合は、数字の横に"がつきます。
 30"が30秒の意味で、これの次にbulbがあります。

・カメラの機種によっては、撮影モードダイヤルに、
 バルブモードがあるものもありますので、
 各カメラの取説で確認して下さい。

・絞りを8から11ぐらい、明るい花火は16にします。
 8,11,16と、動かせるように慣れて下さい。
 花火の撮影で、絞り開放で撮ることはあまりおすすめしません。

・無限大でピントを固定

 花火の撮影は、明るいうちに現場入りすることをおすすめします。
 その時に、遠景のどこかにピントをあわせて、
 上の写真にあった、フォーカスモードの切り換えで、
 M マニュアルフォーカスにします。
 花火が始まり暗くなると、オートフォーカスが、
 あわない事が多発するので、
 遠くの街灯、ビルなどにピントをオートフォーカスであわせて、
 そしてM(マニュアルフォーカス)にレバーを切り換えて下さい。
 こうすれば遠景でピントが固定されるので、
 暗いところでのオートフォーカスに悩まされることはないと思います。
 このピントリングをテープで止めれば万全ですが、
 ズームレンズの場合、止められない機種もあるので、
 その時は、花火撮影中にも、ピントの再設定をしてみて下さい。

 これらを花火が始まる前、明るいうちに設定しましょう。

 さて、花火が上がり始めたら、
 耳でよく聞いて下さい。
 ヒューという打ち上げの音が聞こえたら、
 シャッターを押します。
 そして、花火が開ききったら、シャッターを離します。
 暗ければ、絞りを8とかにして、
 明るすぎたら、絞りを16とかにします。
 これは花火の種類と、撮影距離にもよるので、
 実際にいくつの設定がいいとは言えません。
f0168968_17523958.jpg

 この写真は、花火が始まってすぐのものです。
 同じ構図、同じ絞りです。
 上の写真は、11秒ぐらいでちょうどいいですが、
 下の写真は、6秒でも露出オーバーになっています。

 そしてまだ花火の高さがわからなかったので、
 下の写真は画面の上が切れています。
 撮影後に背面液晶を確認して、
 最大でどれぐらいの高さまで上がるのか、
 どれぐらいの明るさかを確認します。

 とにかくたくさん撮って下さい。
 花火大会の規模によりますが、
 30分はあると思います。
 5分も撮影していれば、カメラ操作、
 明るさにも慣れてくると思います。
 最初の数枚は、捨てカットでいいと思います。

【構図の考え方】
 花火のアップの写真ばかり撮ると、
 それがどこの花火大会の写真だったかわからなくなるので、
 ズームを広角側にして、まわりの景色もいれてみましょう。
f0168968_21174133.jpg

 また、あまり構図を現場で気にしすぎないで、
 少し余裕をもって広く撮影しておきます。
 撮影後に、パソコンで、傾きを補正したりトリミングすればいいでしょう。
 暗い空で、きちんと水平をだすのは難しいので、
 それよりもシャッターチャンスや露出に気をつかいましょう。

【その他注意点】
・場所取りのポイントは、風上とよく言われます。
 花火の煙はすごい量なので、それがたまる風下は、
 クリアな写真にならないからです。
 ただ、風向きは夕方と夜でよく変わることがあるので、
 難しいですし、混雑などもあるので、あまり無理なく。
 風上側は、混雑する可能性もあります。

・周囲への配慮
 場所取りで大切なのは、自分の後方への配慮です。
 三脚を立てることで、
 後ろの人が見えないように。
 上の写真は、植え込みや木を背にして撮りました。

 河原や公園のシート上では、
 三脚の高さを下げるなどして対応しましょう。
 もしそこが三脚禁止場所なら、絶対にやめましょう。
f0168968_17551726.jpg

 誰よりも前に行きたい、
 その気持ちもわからないでもないのですが、
 あえて後ろに下がり、他の見物客の背中を入れる写真でも
 いいかと思います。
 この写真もトリミングすれば、花火だけの写真になります。
f0168968_17554465.jpg

 ちょっと離れた見物客のいない場所にも、
 ポイントがあったりします。

 花火大会は、混雑と暑さの戦いでもありますので、
 熱中症などに気をつけて楽しんで下さい。

(上記設定などは、参考例です。
 花火の諸条件、カメラ機種などにより、変わる場合があります)


---------
[PR]

by sekigawa88 | 2014-08-11 21:46 | lesson
2014年 08月 08日
2014年8月 手持ちで撮る夜景撮影ワークショップ
f0168968_1845049.jpg

2014年8月に、デジタル一眼レフカメラの、1dayワークショップを行います。
テーマは「手持ちで撮る夜景撮影(初心者向け)」です。

日時:
2014年8月30日(土曜日)18時から20時までの2時間。

定員:5名
料金:4500円
場所:浅草界隈
内容:三脚を使わないで、夜景を撮る方法です。

More 詳細を読む
[PR]

by sekigawa88 | 2014-08-08 23:01 | workshop
2014年 08月 07日
2014年9月 三脚を使う夜景ワークショップのお知らせ
f0168968_21464257.jpg


2014年9月に、デジタル一眼レフカメラの、1dayワークショップを行います。
テーマは「三脚を使う夜景ワークショップ」です。
30秒露光など、夜間の長時間露光をしてみましょう。

手持ちでの夜景撮影ws」とは異なる内容です。

・ミラーレスデジタルカメラでも参加できます。

日時:
2014年9月14日(日曜日)17時30分から20時までの2時間半(移動時間含む)
定員になり締め切りました。

2014年9月20日(土曜日)17時30分から20時までの2時間半(移動時間含む)
定員になり締め切りました。

More 詳細を読む
[PR]

by sekigawa88 | 2014-08-07 21:59 | workshop
2014年 08月 03日
ブログで課題写真 2014年7月 「橋のある風景」
2014年7月の課題写真「橋のある風景」に、
たくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです(敬称略)。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)
掲載は、いただいた時間順になっています。
送ったのに掲載されていない方がもしもいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再送お願いいたします。

f0168968_22125515.jpg

photo by nyanko
「東京ドームの近く、神田川にかかる後楽橋です。(すぐ後ろにかかるのは後楽園ブリッジ)」
にゃんこのココロ

f0168968_22131446.jpg

photo by ZKphoto5

f0168968_221329100.jpg

photo by kou25_as
「横浜にて、今にも雨が降り出しそうですが花火が打ちあがるのを2人で待っています。 」

f0168968_11405480.jpg

photo by mai
「松島の五大堂に向かう透かし橋。
  隙間から水面が見えるのは気を引き締める為だそう。」
e komo mai

f0168968_21431274.jpg

photo by lagrue
「ここは隅田川です。「はーるの うらーらーの」と聞こえてきます。」

f0168968_21544986.jpg

photo by ozwattle
「広い空と大地を満喫した知床国立公園の高架木道」
ワトルの丘

f0168968_22423370.jpg

photo by 谷中利行
「石巻市渡波地区でのボランティア活動へ向かう途中、万石橋を渡る直前の車中から撮影。」
= Krankheit zweit =

f0168968_1325099.jpg

photo by 73
「様々な人々が行き交う、グランドセントラル駅の側にかかった、エネルギーに満ちた橋です。」

f0168968_1326315.jpg

photo by flower living
「河口湖日帰りの旅。今度来るときはこの橋を渡ろうっと!」
flower living

f0168968_775569.jpg

photo by 橋の助
「駒込駅前の本郷通りを北へ向かうと、歩道の中央に旧駒込橋の遺構
  があり、両脇を楽に通行しています。」

f0168968_7114338.jpg

photo by ふとし
「トンネルの向こうも電車が通ってる!でも、物珍しげにしているのは私だけでした。」
なごやの東から

f0168968_715970.jpg

photo by Lugarfoto
「暑い盛夏の一日、清流の中の釣り人。涼しげに見えました(木曽の大橋・奈良井宿より)」
お散歩=Lugarfoto

f0168968_7174978.jpg

photo by Pianissimo
「初めて訪れた吹割の滝、涼を求めて来たけれど・・水少なめで気温32度
  暑かった。。。」

f0168968_19391491.jpg

photo by 山崎眞理
「梅雨明けの日に。京都、高瀬川に架かる小さな橋に夏が降り注いでいました。」

f0168968_21415383.jpg

photo by 大森恒彦
「土浦"匂橋"。桜川にかかる歩行者・自転車専用橋です。奥に見えるのは桜川橋。」

f0168968_21464717.jpg

photo by 1. Miyabi
「午前5時、多摩川の河原へ愛犬と朝の散歩に行きました」
あした吹く風・・・miyabi's photo

f0168968_2222384.jpg

photo by とにゃまま
「大好きな見沼田圃の風景。サイタマ的オシャレ橋の眺めです。」
とにゃりん。備忘録

f0168968_9594120.jpg


photo by 関川真佐夫
「東京で一番長い橋は首都高速だそうです、ずっとずっと向こうまで。」



エキサイトブログの写真サークルでは、
7月の課題が「つめたい飲みもの」でした。
こちらも面白い写真が多く集まりましたので、
是非ご覧下さい。
----------------------
[PR]

by sekigawa88 | 2014-08-03 10:06 | exhibition