<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 01月 28日
アンドレ・ケルテスws追加 3/1
「アンドレ・ケルテスに学ぶ構図の基本」wsについて、
ご要望が多かったので、3月1日(日)に、
同じ内容のワークショップを追加で行います。
内容は、2月8日の講座と同一です。

2015年3月1日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

定員になり締めきりました。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。


メールタイトル
1503ケルテスws希望 氏名
例 1503ケルテスws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2015年1月30日(金曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

-----------------
[PR]

by sekigawa88 | 2015-01-28 20:09 | workshop
2015年 01月 12日
2015年2月 名作に学ぶ方ワークショップの募集
2015年2月に、名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
第2回目のテーマは、
「アンドレ・ケルテスに学ぶ構図の基本」
です。

アンドレ・ケルテス(1894-1985)はハンガリーの写真家です。
ケルテスは、日常の何気ないもの(事件とか特別な景色ではなく)を、
撮るのですが、計算された構図により、
ケルテスワールドとも言えるアートに昇華させました。
その構図にどんな特徴があるのか見て、
実際に撮影してみましょう。
(難しい内容ではなく、初心者向けです)


2015年2月8日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

注:雪などの悪天候の場合は中止延期になります。


参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ or ミラーレス一眼カメラを所有の方。
 コンパクトデジタルカメラやフィルムカメラではご参加できません。
・キットレンズなどがあれば充分です、特別なレンズは不要です。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、街スナップに興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。
定員になり締めきりました。

メールタイトル
1502ケルテスws希望 氏名
例 1502ケルテスws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2015年1月14日(水曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。



ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------------------
[PR]

by sekigawa88 | 2015-01-12 17:03 | workshop
2015年 01月 05日
フィルターとブロアーについて
f0168968_20442056.jpg

レンズ保護のために、フィルターをつけている方は、
多いかと思います。
そのフィルターですが、たまには外して、
レンズとフィルターの間も掃除しましょう。
この中が汚れている人を、
最近見かけます。
フィルターをつけても真空状態になるわけではないので、
ホコリはたまります。
f0168968_2046378.jpg

清掃用のブロアーですが、
これは消耗品です。
劣化したら、買い替えましょう、
10年も使えるものではありません。
ゴム製品なので、内部劣化すると、
中からゴムの粉末のようなゴミが出てくるので、
清掃ではなく逆効果になる場合もあります。
表面に亀裂が入ったのを、
ガムテープで補修して使っている方がいましたけど、
数百円のものですので、買い替えたほうがいいかと思います。
買い替えの目安というのも特にはありませんが、
ゴム表面の劣化ですね。
怪しいと思ったら、
何もない白い紙に吹いてみて下さい。
内部から小さなホコリカスがでるようなら、
即処分です。

(最近気になったことでした)
:->

-------------------------
[PR]

by sekigawa88 | 2015-01-05 20:52 | lesson