<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015年 05月 26日
2015年6月 名作に学ぶ方WS「前期まとめ構図編」の募集
今年2015年から毎月行っている名作シリーズのワークショップ。
1月から4月までは、
戦前フランスで活躍した写真家
アジェ、ケルテス、ブレッソン、ドアノーの4人を、
とりあげました。
そのダイジェストまとめ的なワークショップを行います。
初期写真とはどういうものだったか、
この時期に確立された美しい構図とはどんなものかを、
研究してみましょう。
難しい内容ではなく、初心者向けです。

定員になり締めきりました。

2015年6月28日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
 コンパクトデジタルカメラやフィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、街スナップに興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
・1月から4月、アジェ、ケルテス、ブレッソン、ドアノーのwsすべてに出席された方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

定員になり締めきりました。

メールタイトル
1506フランス派ws希望 氏名
例 1506フランス派ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2015年5月28日(木曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

by sekigawa88 | 2015-05-26 10:55 | workshop
2015年 05月 22日
旅行時の三脚梱包について
f0168968_10482061.jpg

飛行機搭乗時の三脚の預け方について。
通常使用の状態で預けると、
パン棒(上写真の赤丸印)を破損することがあります。
f0168968_10482971.jpg

これを外して、もう片方のパン棒に付けます。
f0168968_10483792.jpg

左に回すと外れます、その時に小さい薄いワッシャーがあるので、
なくさないように。
f0168968_10484841.jpg

このように、付け替えて畳み込むと、
三脚胴体にうまく収納できます。
f0168968_1048599.jpg

パン棒を外すと、カメラを載せるプレートが、
パタパタ不安定になるので、
これをガムテーブで固定します。
この時は必ず布ガムテープを使います、
紙ガムテープだとはがすのに苦労するので。
f0168968_10491618.jpg

三脚の足先端に、爪がでている場合は、
これも必ず引っ込めます。
f0168968_10493797.jpg

三脚ケースに入れる時、
旅行に持っていく洋服(汚れてもいいもの)で、
足先端をくるんで入れて、
f0168968_1049524.jpg

上部(雲台部分)も服などでくるみます。
靴下なども入れて、ケースをパンパンにすると、
比較的衝撃に強くなります。
f0168968_1050311.jpg

それでも不安な人は、雲台だけ外して、
機内に手荷物で入れて、足だけ預けます。

この方法で、今までのところ破損したことはありません。
ただ、万全ではないし、エアパッキンを使うなど、
もっと厳重で安心な方法もあるでしょう、
ご参考程度に。

なお出張の時は、なるべく事前に現地ホテルなどに、
この方法で梱包して、宅配便で送るようにしています。
飛行機で預けて破損しても保険はおりませんが、
宅配便の場合は保険が適用されることもあるので。

注1:持ち込み制限などは航空会社などで異なりますので、ご確認下さい。

注2:三脚の種類によっては、雲台が外れない、パン棒が外れないなどあるかもしれません、
三脚メーカーにご確認下さい。

注3:自己責任でお願いします。この記事の方法で三脚が破損しても、責任は負いかねます。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2015-05-22 10:50
2015年 05月 08日
2015年6月 名作に学ぶ方ワークショップの募集 ロバート・フランク
2015年6月に、名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
第6回目のテーマは、
ロバート・フランク Robert Frank(1924年11月9日ー)です。

スイス生まれのロバート・フランクは、1958年に
「The Americans」
という写真集を発表して、有名になりました。
2年間の全米旅行で、膨大な量の写真を撮影して、
その中から80数枚にまとめた写真集です。
この当時のアメリカは黄金期、
それをスイス人の彼が個人的な視点で撮影しています。
フランクの「The Americans」以後、
個人の視点での撮影という新たなジャンルが広がります。
そんなロバート・フランクの写真を、
研究してみましょう。
f0168968_21415796.jpg

【内容について(予定)】
1.難しい内容ではなく、初心者向けです。
2.今までの構図中心の撮影から離れます。
3.テーマを決め、撮影の意味を考えて作品を作る練習をします。
 参加者が各自で視点を決めて、東京の町を撮影します。
 
【日程】
a:2015年6月14日(日曜日)
定員になり締めきりました。

b:2015年6月21日(日曜日)
残り1席です。


の2回開催です。
(同一内容ですので、両日の参加はできません)

どれも、
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
 コンパクトデジタルカメラやフィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、街スナップに興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1506フランクws希望 氏名
例 1506フランクws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.希望日
 a:2015年6月14日(日曜日)(21日不可)
 b:2015年6月21日(日曜日)(14日不可)
 c:どちらでも可
4.使用カメラとレンズ
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

5/18日11:00 空席状況は上記赤文字です。
以後はメールの先着順になります。


参加希望者が多い場合は抽選になります。
2015年5月10日(日曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------
[PR]

by sekigawa88 | 2015-05-08 21:44 | workshop
2015年 05月 03日
新宿エプサイト ILFORD Masters Photo Exhibition展
135年の歴史を持つ写真感材メーカーのイルフォード。
フィルム時代から、現在のインクジェットペーパーまで、
常に高品質のものを作り続けているメーカーです。
そのイルフォード社が認定するイルフォードマスターの
写真展が、現在、新宿エプサイトで開催中です。

5/2は、出展作家の根本タケシ氏のトークイベントがあり、
満席の大盛況でした。
f0168968_2383724.jpg

2015年5月11日まで。
10:30~18:00(最終日は15:00まで)
連休中も営業していますが、日曜日5/3,10は休廊です。

新宿エプサイト・アクセス

:->

---------------------
[PR]

by sekigawa88 | 2015-05-03 23:12 | exhibition