2014年 11月 17日
ブログで課題写真 2014年10月 「卵」
2014年10月の課題写真「卵」に、
たくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです(敬称略)。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)
掲載は、いただいた時間順になっています。
送ったのに掲載されていない方がもしもいらっしゃいましたら、
申し訳ありませんが再送お願いいたします。

f0168968_1550437.jpg

photo by nyanko
「まずは卵、そしてバター&小麦粉・・・さぁ、なに作ろう♪」
にゃんこのココロ

f0168968_15514854.jpg

photo by kou25_as
「今回の旅で購入したEaster Egg、本来は生卵の中身を抜いて作るものですが、フェイクで我慢。」

f0168968_2135464.jpg

photo by Amy
「部屋の奥にまで光が入るようになり面白い影が出来たので撮影しました。」
Once in a Life Time

f0168968_21355125.jpg

photo by chiseda ten
「撮影に時間がかかり、黄身がちょっと乾燥してしまいました。」

f0168968_10313939.jpg

photo by miyabi
「サラダのトッピングにゆで卵
  どっちにしようかな?」
あした吹く風・・・miyabi's photo

f0168968_2122469.jpg

photo by 大森恒彦
「目玉焼きで顔を作りました。妻に手伝ってもらいました。」

f0168968_21251978.jpg

photo by 山崎眞理
「時間のある日に。何もかも一緒くたに同じフライパンで作る簡単ブランチ。」

f0168968_21262191.jpg

photo by lagrue
「たまご型の器に卵を入れてみました。」

f0168968_21272934.jpg

photo by ふとし
「卵は美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまう癖があるようです。」
なごやの東から

f0168968_2292589.jpg

photo by Lugarfoto
「シンプルに卵撮りました。」
お散歩=Lugarfoto

f0168968_1113214.jpg

photo by 関川真佐夫
「そろそろパウンドケーキを焼く季節」
今夜もeat it

----------------------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-11-17 11:04 | exhibition
2014年 11月 09日
2014年12月 クリスマスイルミネーション撮影wsのお知らせ
f0168968_22244054.jpg

2014年12月にデジタル一眼レフカメラの、
1dayワークショップを行います。
クリスマスイルミネーションを、
三脚を使わずに手持ちで撮る方法についてです。
・夏におこなった、浅草での手持ち夜景撮影とテキスト内容は同じです。
 スカイツリーよりも、もう少し近い距離のものを撮ることになります。

日程:
a:2014年12月13日(土曜日)
定員になりました

b:2014年12月21日(日曜日)
定員になりました

 (どちらも内容同じです)
17時から19時までの2時間。

f0168968_22124863.jpg


場所:都内
 (11月末にイルミネーションが点灯して、
  いくつかの場所を下見してから決めます)
定員:5名
料金:4500円
内容:三脚なしで夜景を撮るポイント。
 シャッター速度とISOと絞り、露出の関係をきちんと理解することから始めます。

注:夜景wsは雨の場合は中止になります。
  その場合年末時期ですので、延期日程は設定しません。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ or ミラーレス一眼カメラを所有の方。
 コンパクトデジタルカメラやフィルムカメラではご参加できません。
・12月の寒い時期、夜に1時間以上外撮影する体力のある方。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・寒さに極端に弱い方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

ご希望の方は
こちらのメールでお知らせ下さい。

定員になり締め切りました

メールタイトル
1412手持ち夜景ws希望 氏名
例 1412手持ち夜景ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.参加日確認記入 2014年12月21日(日曜日)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2014年11月11日(火曜日)22:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。

また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-11-09 22:27 | workshop
2014年 10月 16日
ブログで課題写真 2014年10月「卵」
テーマに沿って撮影してみよう企画、
2014年10月は、「卵」を撮ってみて下さい。

・ニワトリの卵のみとします(スーパーで売っているもの。他の動物の卵は不可)
・白い殻でも、茶色いのでも、どちらでも可。
・殻のままでも、割ってもいいです。
・わった場合は、白身と黄身をまぜないこと。
・目玉焼き、温泉卵、ゆで卵は可。
・スクランブルエッグ、オムレツなどは不可。
・写真を見た人が、「卵だなあ」とわかる写真。

・スマホでもミラーレスでも一眼レフでも、カメラは何でもかまいません。

コンテストではありません、ランク付けなどは一切しません。
難しいテクニックを競うものでもありません、どうぞお気軽に。

応募の方法(よくご確認下さい)

写真は撮りっぱなしの状態でも構いませんが、フォトショップ等で加工できる方は、
長辺を600ピクセルにして下さい。
できない方は、無理せずオリジナルサイズで送って下さい、
こちらでweb用に最適化します。
スマホから直接送る場合なども、オリジナルサイズでかまいません。

注:ファイルはjpgのみです、psd、tiff、RAWデータなどの形式は不可です。

可能な方は、写真のファイル名を、
自分のハンドルネームに変更しておいて下さい。
例 関川真佐夫.jpg

送付先アドレスは、こちらです。

メールタイトル
1410課題「卵」  氏名
(例 1407課題「卵」 関川真佐夫)

本文に、

1. 名前 or ハンドルネーム(発表する時に撮影者として記載します)
2. 写真の説明を40文字以内で書いて下さい、掲載時に載せます。
3.  ブログなどリンク先のある方はURLを(3.の次に1文字分スペースをあけて下さい)
4. ブログのタイトル

1は必須です。
2.はなしでもかまいません。
3と4はブログのある方のみ。

・写真を添付するのを忘れないで下さい。
 名前の記入も忘れないで下さい。
 毎回写真だけを添付して、本文を書き忘れる方がいらっしゃっいます。
 送信する時によくご確認ください。
 本文記載のない方は、送信時のお名前を掲載します。

・受け取り確認のメールを3日以内にしています、
 それが届かない場合はエラーですので再送下さい。
 ブログなどURL記載エラーに関しては連絡いたしませんので、よくよくご確認下さい。

締め切りは、2014年11月16日(日)22時までです。

たくさんのご応募をお待ちしております。


------------------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-10-16 21:21 | lesson
2014年 10月 15日
2014年11月 秋撮影ワークショップのお知らせ
f0168968_21261542.jpg

2014年11月にデジタル一眼レフカメラの1dayワークショップを行います。
テーマは「紅葉の撮り方」
場所は鎌倉を予定しています。
紅葉撮影に必要なカメラの設定、
構図の話など、撮影会形式でのワークショップです。

定員になり締め切りました。

日時:2014年11月16日(日) 午後2時15から4時45分まで(2時間半)
この日の日没は、16:36頃です。
晴れれば夕焼けも撮影できるかもしれません。
(天気次第なので、夕焼けは撮影できない場合もあります)

場所:鎌倉界隈
集合場所などは、参加決定された方にご連絡いたします。
マニアックな場所でもなく、
鎌倉観光ツアーでもありません。
あくまでも写真撮影のワークショップです。

内容:初心者から中級者向けです。
中級〜上級者の方、また鎌倉を撮り尽くしている方には、
物足りない内容になります。

(注・雨など悪天の場合は中止になります)

定員:5名
ワークショップ代金:5000円
・別途、カフェ、公園入園料などがかかる場合があります。

参加条件
1.街スナップ撮影に興味のある方。
2.デジタル一眼レフカメラを所有している方。
(ミラーレス一眼も参加可能です)

以下の方は、ご遠慮下さい。
・自分の撮りたい世界がすでにあり、撮りたいもの、撮りたくないものが明確。
  例・風景は撮りたくない、料理だけを撮りたい、など。
・屋外で2時間撮影しますので、その体力の自信のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

f0168968_21323480.jpg


参加希望の方は、こちらのメールでご連絡下さい。

定員になり締め切りました。

メールタイトルを「1411 秋鎌倉ws希望 氏名」と記入下さい。
例 1411 秋鎌倉ws希望 関川真佐夫

本文には
1.氏名
2. メールアドレス(2.の間に1文字分スペースをあけて下さい。
  3日に一回はメールチェックできるもの、写真添付可能なメール。
3.所有デジタル一眼レフカメラの機種名(ニコンD3000レンズキット、など)
  所有しているレンズ(わかる範囲で)
4.ブログやサイトなどがあればURL
5.その他質問、ワークショップへの要望を記入して下さい。

1から3は必須です。

申し込みいただいた方には、受付確認メールを3日以内にお送りしています。
返信がない場合はエラーですので再送お願いします。

2014年10月17日22時でいったん締め切り、
希望者が多い場合は抽選になります。
この日までに定員が埋まらない場合は抽選は行わず、
申し込み順になります。
開催一週間前までに定員が3名に満たない場合は
中止になります。


応募しようか迷っている方、ご質問だけのメールもお気軽にどうぞ。
:->

-------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-10-15 21:42 | workshop
2014年 10月 03日
夏の夜景ws終了しました
2014年夏の夜景wsをすべて終了しました。
7月8月と雨が多く、4回も延期になりました。
再日程あわなかった方には、お詫び申し上げます。
ぎりぎりまで雨の日があり、
中止か行うか、ずいぶんと悩みました。
f0168968_2227247.jpg

集合時には雨で、
現地についたら晴れて、
虹が見えたこともありました。
f0168968_22274877.jpg

三脚も万能ではありません。
長時間露光を行うと、ぶれることもあります。
近くをトラックやバスが通ると、
地面が揺れたりもするので。
背面液晶では確認しきれない微細なブレもあります。
同一カットを数枚撮ることも必要になります。
f0168968_22293270.jpg

歩行者が気にならなくなるのも、
長時間露光の楽しみです。
ぶれて写らなくなるので。
f0168968_2231249.jpg

寒いシーズンは、屋外での長時間露光撮影が大変なので、
三脚を使ったwsはまた来年の夏に行います。
手持ちでのクリスマスイルミネーション撮影は、
冬に行いたいと思っています。
11月には紅葉の撮影wsも。
(なんとか実現させたいと思います)
:->
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-10-03 22:33 | workshop
2014年 09月 11日
2014年10月 構図ワークショップのお知らせ
2014年10月、東京、芝浦運河界隈で、
構図撮影のワークショップを行います。
f0168968_1812235.jpg

ほぼ同じ場所から撮影しています。
AとBの構図、どんな印象の違いがあるでしょうか。
f0168968_18123755.jpg

これは縦構図と横構図の違い。
f0168968_18255740.jpg

引いて撮る場合(広角側 A)

寄って撮る場合(望遠側 B)
の違い。
f0168968_1813540.jpg

この2枚にも大きな違いがあります。
(ちょっと上級向け)

芝浦運河界隈を散歩撮影しながら、
構図について考えてみましょう。
なんとなく偶然撮れた、ではなくて、
「このような表現をしたいから、この構図にした」
と意識するワークショップです。

日程:
a:2014年10月5日(日曜日)
(定員になり締め切りました)

b:2014年10月12日(日曜日)
(定員になり締め切りました)

 (どちらも内容同じです)
午前10時半から12時半までの2時間。

定員 5名
料金 4500円
集合場所 JR田町駅付近(詳細は参加決定後に)

なお、小雨の場合は決行しますが、
台風レベルの悪天の場合は中止になります。

参加条件
・デジタル一眼レフ or デジタルミラーレスカメラを所有している方。
 コンデジ、スマホなどでは参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
・2時間屋外で歩き回りながら撮影するのが困難な方。

ご希望の方は
メールでお知らせ下さい。

定員になり締め切りました。

メールタイトルを、
1410構図ws希望 氏名
例 1410構図ws希望 明智光秀

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.希望日
 b:2014年10月12日(日曜日)5日不可

5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。

2014年9月13日22時でいったん締め切り、希望者が多い場合は抽選になります。
この日までに定員が埋まらない場合は抽選は行わず、申し込み順になります。
開催一週間前までに定員が3名に満たない場合は中止になります。


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
:->
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-09-11 18:14 | workshop
2014年 09月 01日
2014年9月 三脚を使う夜景ワークショップ(横浜)のお知らせ
f0168968_8131874.jpg

2014年8月に予定していた夜景撮影wsが、
台風で9月28日(日)に延期になりました。
欠員枠が2名空いております。
定員になり締め切りました。

場所:横浜界隈
日時:2014年9月28日(日曜日)
17時30分から20時までの2時間30分。
料金:6000円

今回の夜景撮影は三脚を使用するもので、三脚は人数分すべてこちらで用意いたします。

注:三脚夜景wsは雨の場合は中止になります。

予定内容
・三脚の使い方の基本
・夜景撮影の露出の考え方
・長時間露光について
・夜景のピントのあわせ方の注意
・三脚を使っての構図のあわせ方
(変更の場合もあります)

以下の方は、ご遠慮下さい。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
f0168968_820063.jpg

ご希望の方は
メールでご連絡下さい。
定員になり締め切りました。

メールタイトル
1409三脚横浜夜景ws希望 氏名
例 1409三脚横浜夜景ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3すべて必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-09-01 23:14 | workshop
2014年 08月 11日
花火を撮る方法(初心者向け)
f0168968_1748228.jpg

デジタル一眼レフやミラーレス一眼カメラで、
打ち上げ花火を撮る方法です(初心者向け)

【用意するもの】
・デジタル一眼レフカメラ(or ミラーレス一眼カメラ)
・キットズームレンズ(18-55などの広角域があるもの)
 花火を極端なアップで撮りたいのでなければ、
 極端な望遠レンズは不要です。
 また絞りを絞って撮るので、
 単焦点・開放値の明るいレンズ(高額レンズ)も不要です。

・三脚
 なるべく丈夫なもの。
 重いほうが安定します。
f0168968_1749090.jpg

1.ペンライト
2.リモコン
3.予備バッテリー
 これらはあると便利です。

 三脚があれば手ブレを防げますが、
 あわててシャッターを押すと、カメラぶれおこすことがあります。
 リモコンやレリーズでシャッターを切ることをおすすめします。
 僕はリモコンを使っています。

 カメラ操作の確認には、ペンライトがなくても、
 スマホの液晶画面で代用できます。
 でも、足元など照らすのにペンライトが1本あると便利です。

 バッテリーは必ずフル充電で。
 花火撮影は、長時間露光をするので、
 バッテリーの消耗が早くなります。
 たくさん撮る場合は、予備バッテリーもあると安心です。

・メデイアカード残量は余裕をもって。
 花火撮影は、運に頼る部分もあります、
 最初のうちは、たくさん撮って、数枚いいのがあれば、
 ラッキーぐらいの気持ちで。

【カメラの設定】
・ISOオートの解除 最低感度にする。
f0168968_17502828.jpg

 ISOオート(感度自動制御)というのは、暗いところで自動的に
 ISO感動が上がってしまう設定です。
 これをオフにして、カメラの最低感度に設定して下さい。
 だいたい200か100です
(機種により異なります、写真はニコンの場合)

・長秒時ノイズリダクション解除
f0168968_17504096.jpg

 デジタルカメラの写真は、
 ISOが高くなったり、1秒を越える長時間露光をすると、
 画面全体がざらついて見えることがあります(ノイズが発生します)
 それを防ぐために、ノイズリダクションというのがあります。
 きれいな花火の写真を撮るのには、
 これをオンにするべきなのですが、
 長秒時ノイズリダクションをかけると、
 撮影した後の動作が遅くなり、
 次々とあがる花火の撮影に遅れることがあります。
 最近のカメラは長秒時のノイズもでにくくなっているので、
 オフでもかまわないと思います。
 これはどちらがいいと、言い切ることが難しいので、
 好みで変えて下さい。
 初心者の方は、オフにしたほうが、現場でいらつかないと思います。

・ホワイトバランス(晴天)

 ホワイトバランスをオートにすると、
 冷たい感じの発色になる場合があります。
 これも好みだったり、各カメラのくせがありますので、
 晴天とオートで撮り比べてみて下さい。

・露出モードM
f0168968_1751592.jpg

 写真のようなダイヤルがあると思います。
 露出モードを決めるダイヤルで、
 ミラーレスの場合は、背面液晶メニューで設定したりします。
 これをM(マニュアルモード)という設定にします。
 Mにすると、シャッター速度も絞りも、
 自分で任意に決めることができます。

・手ブレ補正オフ

 三脚を使う場合は、手ブレ補正をオフにします。
 ニコンとキヤノンは、レンズに手ブレ補正のスイッチがあり、
 ペンタックスとオリンパスは、カメラボディ側にあります。
 自分のカメラの取説で確認して、オフにして下さい。
 ニコンはVRというスイッチで、キヤノンはISというスイッチです。
f0168968_17512795.jpg

・マニュアルフォーカスの切り換え。

 レンズ、カメラ側のどちらかに、
 A Mの切り換えボタンがあります。
 Aはオートフォーカス、
 Mはマニュアルフォーカスです。
 この位置を確認しておいて下さい、
 使い方は後述。

【撮り方の考え方】
・花火が地面から打ち上げられて
・空高くあがり
・大きく開き
・閉じる
 この間、数秒シャッターが開いていれば、写ります。
 花火の種類にもよりますが、3秒から8秒ぐらいが目安です。

【撮影】
・シャッター速度をバルブにする
f0168968_17514210.jpg

 バルブというのは、シャッターを押している間ずっと、
 露光できる機能です。
  シャッターボタンを押すと、撮影が開始されて、
  シャッターボタンから指を離すと、撮影が終了します。
 バルブはbulbと表示されます。
 シャッターダイヤルをどんどん遅い速度にして、
 30秒の次ぐらいにbulbがあります。
f0168968_1752398.jpg

 シャッター速度の表示ですが、
 上のように、ただ数字が書いてあるのは、1分の秒数です。
 30とあれば、1/30秒、2とあれば、1/2秒です。
 1秒、2秒の場合は、数字の横に"がつきます。
 30"が30秒の意味で、これの次にbulbがあります。

・カメラの機種によっては、撮影モードダイヤルに、
 バルブモードがあるものもありますので、
 各カメラの取説で確認して下さい。

・絞りを8から11ぐらい、明るい花火は16にします。
 8,11,16と、動かせるように慣れて下さい。
 花火の撮影で、絞り開放で撮ることはあまりおすすめしません。

・無限大でピントを固定

 花火の撮影は、明るいうちに現場入りすることをおすすめします。
 その時に、遠景のどこかにピントをあわせて、
 上の写真にあった、フォーカスモードの切り換えで、
 M マニュアルフォーカスにします。
 花火が始まり暗くなると、オートフォーカスが、
 あわない事が多発するので、
 遠くの街灯、ビルなどにピントをオートフォーカスであわせて、
 そしてM(マニュアルフォーカス)にレバーを切り換えて下さい。
 こうすれば遠景でピントが固定されるので、
 暗いところでのオートフォーカスに悩まされることはないと思います。
 このピントリングをテープで止めれば万全ですが、
 ズームレンズの場合、止められない機種もあるので、
 その時は、花火撮影中にも、ピントの再設定をしてみて下さい。

 これらを花火が始まる前、明るいうちに設定しましょう。

 さて、花火が上がり始めたら、
 耳でよく聞いて下さい。
 ヒューという打ち上げの音が聞こえたら、
 シャッターを押します。
 そして、花火が開ききったら、シャッターを離します。
 暗ければ、絞りを8とかにして、
 明るすぎたら、絞りを16とかにします。
 これは花火の種類と、撮影距離にもよるので、
 実際にいくつの設定がいいとは言えません。
f0168968_17523958.jpg

 この写真は、花火が始まってすぐのものです。
 同じ構図、同じ絞りです。
 上の写真は、11秒ぐらいでちょうどいいですが、
 下の写真は、6秒でも露出オーバーになっています。

 そしてまだ花火の高さがわからなかったので、
 下の写真は画面の上が切れています。
 撮影後に背面液晶を確認して、
 最大でどれぐらいの高さまで上がるのか、
 どれぐらいの明るさかを確認します。

 とにかくたくさん撮って下さい。
 花火大会の規模によりますが、
 30分はあると思います。
 5分も撮影していれば、カメラ操作、
 明るさにも慣れてくると思います。
 最初の数枚は、捨てカットでいいと思います。

【構図の考え方】
 花火のアップの写真ばかり撮ると、
 それがどこの花火大会の写真だったかわからなくなるので、
 ズームを広角側にして、まわりの景色もいれてみましょう。
f0168968_21174133.jpg

 また、あまり構図を現場で気にしすぎないで、
 少し余裕をもって広く撮影しておきます。
 撮影後に、パソコンで、傾きを補正したりトリミングすればいいでしょう。
 暗い空で、きちんと水平をだすのは難しいので、
 それよりもシャッターチャンスや露出に気をつかいましょう。

【その他注意点】
・場所取りのポイントは、風上とよく言われます。
 花火の煙はすごい量なので、それがたまる風下は、
 クリアな写真にならないからです。
 ただ、風向きは夕方と夜でよく変わることがあるので、
 難しいですし、混雑などもあるので、あまり無理なく。
 風上側は、混雑する可能性もあります。

・周囲への配慮
 場所取りで大切なのは、自分の後方への配慮です。
 三脚を立てることで、
 後ろの人が見えないように。
 上の写真は、植え込みや木を背にして撮りました。

 河原や公園のシート上では、
 三脚の高さを下げるなどして対応しましょう。
 もしそこが三脚禁止場所なら、絶対にやめましょう。
f0168968_17551726.jpg

 誰よりも前に行きたい、
 その気持ちもわからないでもないのですが、
 あえて後ろに下がり、他の見物客の背中を入れる写真でも
 いいかと思います。
 この写真もトリミングすれば、花火だけの写真になります。
f0168968_17554465.jpg

 ちょっと離れた見物客のいない場所にも、
 ポイントがあったりします。

 花火大会は、混雑と暑さの戦いでもありますので、
 熱中症などに気をつけて楽しんで下さい。

(上記設定などは、参考例です。
 花火の諸条件、カメラ機種などにより、変わる場合があります)


---------
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-08-11 21:46 | lesson
2014年 08月 08日
2014年8月 手持ちで撮る夜景撮影ワークショップ
f0168968_1845049.jpg

2014年8月に、デジタル一眼レフカメラの、1dayワークショップを行います。
テーマは「手持ちで撮る夜景撮影(初心者向け)」です。

日時:
2014年8月30日(土曜日)18時から20時までの2時間。

定員:5名
料金:4500円
場所:浅草界隈
内容:三脚を使わないで、夜景を撮る方法です。

More 詳細を読む
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-08-08 23:01 | workshop
2014年 08月 07日
2014年9月 三脚を使う夜景ワークショップのお知らせ
f0168968_21464257.jpg


2014年9月に、デジタル一眼レフカメラの、1dayワークショップを行います。
テーマは「三脚を使う夜景ワークショップ」です。
30秒露光など、夜間の長時間露光をしてみましょう。

手持ちでの夜景撮影ws」とは異なる内容です。

・ミラーレスデジタルカメラでも参加できます。

日時:
2014年9月14日(日曜日)17時30分から20時までの2時間半(移動時間含む)
定員になり締め切りました。

2014年9月20日(土曜日)17時30分から20時までの2時間半(移動時間含む)
定員になり締め切りました。

More 詳細を読む
[PR]

# by sekigawa88 | 2014-08-07 21:59 | workshop