2018年 05月 21日
水谷章人写真展:世界の山と世界の屋根を滑る 1967-2017
f0168968_22511561.jpg
先日、
「水谷章人写真展:世界の山と世界の屋根を滑る 1967-2017」
を見てきました。
1970年代に、世界の尾根と言われる山々を、
プロスキーヤーが滑走している写真展。

カメラマンもスキーヤーも、
50年前の機材でここまでしたのかという驚愕の世界。
すべてモノクロ写真です。
当時使われたCANON F-1と400mmレンズが展示されていて、
とてつもなくでかいです。
これ背負って5000mの山に登っただけでも偉業です。


JCIIフォトサロン

東京都千代田区一番町25 JCIIビル 地下1階
6月3日(日)まで。

10時~17時

休廊
毎週月曜日(祝・祭日の場合は開館)

:->

[PR]

# by sekigawa88 | 2018-05-21 22:52 | exhibition
2018年 04月 29日
ルーク・オザワ 写真展:JETLINER ZERO GLORIOUS-神業- 2018
f0168968_08153029.jpg
品川のCANONギャラリーで、
ルーク・オザワ 写真展:JETLINER ZERO GLORIOUS-神業-
を見てきました。

公式サイト

ルーク・オザワは、日本人航空写真家で、
いま一番人気のある写真家です。
(最初の1週間で3000人動員したそうです、写真展としては異例)

「神業」というタイトルは大げさではなくて、
こんな写真どうやって撮ったんだ、すげえ、というのばかり。
それでいて、飛行機への愛情もたっぷりで、
すばらしいものでした。
(技術はあるけど愛情のない飛行機写真が流行りの今、
本当に落ち着くものでした)

そして、飛行機に興味のない人、
写真に興味のない人も感動する写真。
そんな展示でした。
飛行機って、こんなふうに飛んでいるだ、
こんなところを飛んでいるんだ、というのが、
伝わってくる内容です。

5/26まで。
東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー 1F
10時~17時30分
日・祝日 休館

注:連休中は、平日のみの営業です

:->



[PR]

# by sekigawa88 | 2018-04-29 08:18 | exhibition
2018年 04月 24日
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2018
f0168968_12520709.jpg
2012年から始まった、京都での写真イベント、
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭。
初めて行ってきました。

毎年4月から5月で、世界の写真家の作品を、
京都市内複数の会場で展示されています。

公式サイト
f0168968_12524646.jpg
10以上の会場があるなかで、わずか2箇所しか行けなかったのですが、
紹介します。

・京都新聞社ビルの地下、印刷工場跡で展示されている、
(この地下工場跡だけでも見る価値ありー Map no.1)
アメリカの写真家ローレン・グリーンフィールド。
世界の富豪や高級ブランドを買い漁る人々を撮影した作品展。
莫大な富と虚栄心、セレブたちの写真からは、羨ましさは感じることはなく、
悲しみさえ漂うのですが、富の権化がアメリカ大統領の今、
黄金をまとい、手術をしてまで美しさを得ることが、一番と思ってくるような展示でした。


・宮崎いず美 “UP to ME” (Map no.11)
武蔵野美大出身の24歳の日本人作家。
高度な合成技術を駆使したセルフポートレートで、
マグリットの構図を彷彿とさせるシュールな作品。
f0168968_12530258.jpg
ローレン・グリーンフィールドの作品にでてくる若い女性は、
手術を繰り返してでも美を求めますが、
宮崎はアメリカセレブではない日本人の若い女の子で、
その特有の葛藤を写真表現で表しています。

たまたま見た2つの展示が、
物質主義と精神主義のような対比になっていて、
興味深く色々と考えさせられました。

ギャラリーを出て京都の町を歩くと、
もはや日本人より外国人観光客のが多く、
海外金持ちに支えられている町、そして日本のことについても、
考えが巡りました。


このイベントは2018年5月13日までです。
京都に行く機会があれば是非。
:->





[PR]

# by sekigawa88 | 2018-04-24 12:53 | exhibition
2018年 04月 02日
2018年5月 課題撮影ワークショップ 1day
2018年5月に、
写真での表現について考えるワークショップを行います。
以下の課題写真を事前に撮影して、
ワークショップ当日にご持参下さい。
内容は初心者から中級者向けです。

5月のテーマは
・駅舎
です。

日時
2018年5月13日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:小金井公園 (JR武蔵小金井駅からバス)

注:雨天の場合は、都内の別の場所に変更して行います。

定員5名 定員になり締め切りました
料金:4500円

課題撮影のヒント。
駅の様子がわかる写真。
看板のアップとかではなく、建築物を撮る感じです。
混雑する時間はさけて、通行のじゃまにならないようにして下さい。
地下鉄は原則なしで(渋谷駅のように地上3階にあるものは可)
東京駅のような立派な駅でなくてかまいません。
私鉄沿線の小さな屋根のあるもので。
JRの大きな駅はデパートのようになってしまっているので、
かえって難しいと思います。

その駅を知らない人が、写真を見た時に、
鉄道の駅だとわかる雰囲気で撮って下さい。
(恵比寿などはデパートにしか見えないので避けたほうがいいかもしれません)

事前に撮影して、L版にプリントし、
ワークショップ当日にご持参下さい。
1枚以上3枚以内でお願いします。


注:事前課題は、きれいな写真を無理に撮ろうと頑張らなくても
大丈夫です。試しに撮ってみるぐらいの気軽な気持ちで。
くわしい撮り方は、ワークショップで解説します。

・プリントは、コンビニプリントなどで充分です、プリンターを買う必要はありません。

予定内容
・各自が撮影した課題写真を見ながらの講義。
・実施撮影
課題写真は全員で見ますが、
順位を決めるようなコンテストは一切しません。
事前撮影課題で、傑作を撮るなど考えないで大丈夫です。
気軽に撮ってみて下さい。

参加条件です。
・デジタルカメラであれば、一眼でもコンパクトでもかまいません。
 フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・内容は初心者から中級者向けですので、上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。


定員になり締め切りました

メールタイトル1805課題ws希望 
 氏名例 1805課題ws希望 関川真佐夫

本文に
1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが多いので、ご注意下さい。

メール先着順になります。

ご質問などありましたら、お気軽にメールでお問い合せ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2018-04-02 14:04 | workshop
2018年 02月 05日
2018年3月 名作に学ぶ方ワークショップの募集 植田正治(フレームについて)
2018年3月に、名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
テーマは、植田正治です。

鳥取砂丘で撮影した写真が有名な方で、
その写真を見たことある方も多いかと思います。
立体感を強調する西洋スタイルが当たり前の時代に、
日本画の平面構図にあえてこだわった写真家です。

人間の視野には枠による境界線がありませんが、
写真を撮るには、どうしてもフレームで、
目の前の世界に線をひく必要があります。
撮影者が決めたフレームにより、
見る人は、その作家が強調したいもの、意図を理解することができます。
風景写真を撮る時に、
左右はどこまでいれるのか、天地はどこで切るのか、
そんなことを植田正治の写真を見ながら研究してみましょう。

・難しい内容ではなく、初心者向けです。

【日程】
2018年3月11日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名
料金:4500円

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
コンパクトデジタルカメラをお持ちの方。
フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、街スナップに興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1803植田正治ws希望 氏名
例 1803植田正治ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL


1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

メール先着順になります。

ご質問などありましたら、お気軽にメールでお問い合せ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2018-02-05 16:21 | workshop
2018年 01月 26日
写真展「Fの時代 広田尚敬」
f0168968_21372560.jpg
おすすめ写真展

品川のニコンミュージアムで、
企画展「Fの時代 広田尚敬」が開催中です。
2018年3月31日まで。

公式サイト

鉄道写真家の第一人者である、広田尚敬氏。
ニコンFを使って、1961年から1970年ごろに撮影された、
蒸気機関車などのモノクロ写真作品60点以上が展示されています。

迫力あるモノクロプリントだけでなく、
モニター展示も素晴らしい作品でした。
タッチパネルの操作で6つの作品を見ることができて、
その中の、
「S3と電車散歩」というのを是非。
いま現在、氏がニコンS3というフィルムカメラで撮影した作品なのですが、
ぐっとくるものがありました。
電車が好きで好きでたまらない、その周辺のものすべてが愛しい、
そんな気持ちが伝わってくる作品群です。

人にほめられるために撮るのではなくて、
好きな被写体だからこそ、一生懸命撮る。
写真の原点だと再認識いたしました。

品川ニコンミュージアム

〒108-6290
東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟2F

月曜日ー土曜日
10時~18時(最終入館は17時30分まで)
休館日 日曜日、祝日
入館料 無料
:->


[PR]

# by sekigawa88 | 2018-01-26 21:40 | exhibition
2018年 01月 11日
2018年2月 課題撮影ワークショップ 1day
2018年2月に、
写真での表現について考えるワークショップを行います。
以下の課題写真を事前に撮影して、
ワークショップ当日にご持参下さい。
内容は初心者から中級者向けです。

2月のテーマは
1.卵(殻)
2.寒い、冷たい
です。
どちらか一つだけでも、両方でもかまいません。

日時
2018年2月25日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名 定員になり締め切りました
料金:4500円

撮影のヒント
1.卵は殻を撮って下さい、白身黄身ではななく。割れた殻でも可。
2.寒い、冷たい、を感じる写真です。
青っぽい光の公園の日陰、湯気、朝の霜、揺れる枯れ枝、など冬の情景を。

これらを撮ってみましょう。
この2つの課題から1つ以上選んで、
事前に撮影して、L版にプリントし、
ワークショップ当日にご持参下さい。

注:事前課題は、きれいな写真を無理に撮ろうと頑張らなくても
大丈夫です。試しに撮ってみるぐらいの気軽な気持ちで。
くわしい撮り方は、ワークショップで解説します。

・プリントは、コンビニプリントなどで充分です、プリンターを買う必要はありません。

予定内容
・各自が撮影した課題写真を見ながらの講義。
・実施撮影
課題写真は全員で見ますが、
順位を決めるようなコンテストは一切しません。
事前撮影課題で、傑作を撮るなど考えないで大丈夫です。
気軽に撮ってみて下さい。

参加条件です。
・デジタルカメラであれば、一眼でもコンパクトでもかまいません。
 フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・内容は初心者から中級者向けですので、上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。
定員になり締め切りました

メールタイトル1802課題ws希望 
 氏名例 1802課題ws希望 関川真佐夫

本文に
1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが多いので、ご注意下さい。

メール先着順になります。

ご質問などありましたら、お気軽にメールでお問い合せ下さい。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2018-01-11 21:32 | workshop
2017年 12月 04日
2018年2月 フォトブック作成ワークショップ 1day
撮影した写真をまとめて、フォトブックを作るワークショップを行います。
f0168968_9343959.jpg
今まで撮影してきたたくさんの写真、
パソコンにためておくだけでなく、フォトブックにしてみましょう。
大きなサイズでコストのかかるものですと、身構えてしまいますが、
手はじめに文庫本サイズの気軽なものから。
本にするための撮影のコツ、編集のコツなどを研究してみましょう。

注:従来は2回のwsで、初回が説明、2回目で編集と入稿でした。
2回続けて参加できないという方が数名いらしたので、
今回は1回の説明のみになります。
なお終わった後に要望があれば、参加者で日程調整して、
追加で2回目(編集と入稿)をする場合があります(希望者のみ)

日程 2018年2月3日(土曜日)午前10:30-12:30(2時間)
料金 5,000円
場所 都内

・ブックにする候補写真を、8枚程度、プリントしてご持参下さい。 
 レイアウトの練習用ですので、 コンビニプリントなどの安いプリントでも大丈夫です。
・他者に見られて困る写真、自分で撮影していない写真は、不可となります。
・公序良俗に反していない写真であること。
・著作権、肖像権に関しては初日に解説します。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
 コンパクトデジタルカメラで、写真を撮っていて、
 それをフォトブックにまとめたい方。
 フィルムカメラからだと、入稿にお金がかかりすぎるので、
 デジタルカメラ所有の方のみになります。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
・パソコンもスマホも所有せず、著しくインターネットが苦手な方。
 デジタル入稿の方法は、ご説明します。

参加ご希望の方は、メールでお申込み下さい。

メールタイトル1802フォトブックws希望 
 氏名例 1802フォトブックws希望 関川真佐夫

本文に
1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが多いので、ご注意下さい。

メール先着順になります。

--------------------
[PR]

# by sekigawa88 | 2017-12-04 20:44 | workshop
2017年 12月 01日
写真展「アジェのインスピレーション」2017-2018
おすすめ写真展

2017年12月2日から、
恵比寿の東京都写真美術館で、
「アジェのインスピレーション」
が開催されます。

開催期間:2017年12月2日(土)~2018年1月28日(日)

公式サイト

アジェは写真黎明期の作家です。
1857年(安政3年)フランスのボルドーに生まれました。
若い頃は画家をしていて、
写真家として本格的に活動を始めたのは41歳の時でした。

1889年のパリ万国博覧会 エッフェル塔完成を契機に、
古いパリの町はどんどん取り壊されていきました。
そんな時にアジェは、古き良きパリを探して、
写真に記録しまくります。
アジェの写真を見ると、
「古いパリはきれいだね」
という感想を誰もがいだきますが、
実際はそうではなくて、急激な再開発中だったようで、
残すべきパリの光景を探し歩いたそうです。

アジェは「芸術家のための資料」という看板をかかげいて、
モンパルナスの画家たちが、デッサン用にアジェの写真を買いました。
もともとが画家だったので、アジェの写真は構図が抜群によいのです。
パリ市歴史図書館も、アジェの写真を大量に購入しました。

1927年8月4日(昭和2年)70歳で亡くなるまでの約30年間で、
およそ8000枚の写真を残した。
小型カメラがなく、大型の写真機を使っての撮影で
8000枚を撮るのは大変なことでした。

アジェの作品をまとめて見ることができるいい機会だと思います。
ご興味ある方は是非。
:->



[PR]

# by sekigawa88 | 2017-12-01 19:28 | exhibition
2017年 11月 20日
富士フィルムスクエア アンセル・アダムス写真展 2017
f0168968_09442874.jpg
おすすめ写真展
11/17から六本木ミッドタウン1F・富士フィルムスクエアで、
「FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展:二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」
が開催されています。
12月6日(水)まで、入場無料

公式サイト

アンセル・アダムスは、アメリカの写真の父と言われる人で、
モノクロでヨセミテの風景写真などを撮影した人です。
彼の作品により、ヨセミテが国立公園になりました。
写真家であり、科学者でもあり、
たくさんの写真に関する論文を発表して、
コダック社のフィルムや印画紙開発の手助けもしました。

アダムスが、ゾーンシステムというのを編み出して、
モノクロプリントの基準を作り現在まで使われています。
ハイライト(白)からハイシャドウ(黒)までの階調を、
11段階にしてプリントする方法です。
彼の研究で、コダック社はフィルムや印画紙などを作り、
アドビ・フォトショップのモノクロ専門プラグインSilver Efex Proにも、
ゾーンシステム機能があります。

アンセル・アダムスの作品は、
毎年どこかで数点の展示がありましたが、
60作品まとめて、というのはなかなかありません。
この機会に是非。

「ネガは楽譜、プリントは演奏」
と言ったの究極のモノクロプリント、
webや印刷物を見てもわからない、
オリジナルプリントの圧倒的な美しさは、
モノクロプリントの世界基準です。
f0168968_09470762.jpg



:->




[PR]

# by sekigawa88 | 2017-11-20 09:47