人気ブログランキング |
カテゴリ:workshop( 211 )

2017年 10月 10日
2017年11月 名作に学ぶ方ワークショップの募集 ブルーノートジャケット(正方形構図)
2017年11月に、名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
11月のテーマは、ブルーノート・レコードのジャケットに学ぶ、
正方形構図についてです。

キャンセルでました、空席1あります。
f0168968_15155950.jpg

ブルーノート・レコードは、アメリカの名門ジャズレーベルです。
演奏がすばらしいだけでなく、
レコードジャケットのアートワークも、
大変評価が高いものばかりです。
このほとんどの写真を、ドイツ人フランシス・ウルフが撮影しています。
ウルフの写真はなぜ素敵なのか、
なぜブルーノートのジャケットはクールなのか。
正方形デザインというのに、ヒントがあります。

今回のワークショップは、
正方形構図で撮影できるカメラを持っていることが、参加条件です。
デジタル一眼レフよりも、ミラーレスのが有利かもしれません。
そして今回は、コンパクトデジタルカメラ、スマートフォンのみでも、
参加可能です。

通常の2:3とは違う比率、1:1構図のコツを研究してみましょう。

・難しい内容ではなく、初心者向けです。
 
【日程】
2017年11月18日(土曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名 キャンセルでました、空席1あります。
料金:4500円

参加条件です。
・正方形1:1構図で撮影できるカメラを持っていること。
 一眼レフ、ミラーレス、コンパクトデジタルカメラ、スマートフォンでも参加可能です。
・ハッセルなどのフィルムカメラでは参加できません、デジタルカメラであること。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、街スナップに興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
・写真に興味がなく、ジャズの話だけを語りたい方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1711ブルーノートws希望 氏名
例 1711ブルーノートws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(スマホの方は機種名を)
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

メール先着順になります。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------


by sekigawa88 | 2017-10-10 21:54 | workshop
2017年 10月 02日
2017年10月 名作に学ぶ方ワークショップの募集 ロバート・フランク
2017年10月に、名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
10月のテーマは、
ロバート・フランク Robert Frank(1924年11月9日ー)です。

スイス生まれのロバート・フランクは、1958年に
「The Americans」
という写真集を発表して、有名になりました。
2年間の全米旅行で、膨大な量の写真を撮影して、
その中から80数枚にまとめた写真集です。
この当時のアメリカは黄金期、
それをスイス人の彼が個人的な視点で撮影しています。
フランクの「The Americans」以後、
個人の視点での撮影という新たなジャンルが広がります。
そんなロバート・フランクの写真を、
研究してみましょう。
f0168968_21415796.jpg

【内容について(予定)】
1.難しい内容ではなく、初心者向けです。
2.テーマを決め、撮影の意味を考えて作品を作る練習をします。
 参加者が各自で視点を決めて、東京の町を撮影します。
 
【日程】
2017年10月29日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名 定員になりしめきりました
料金:4500円

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
コンパクトデジタルカメラをお持ちの方。
フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、風景写真には興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1710フランクws希望 氏名
例 1710フランクws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスにご注意下さい。

定員になりしめきりました


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------

by sekigawa88 | 2017-10-02 18:21 | workshop
2017年 09月 28日
2017年10月花火撮影ws 調布
花火撮影のワークショップを行います。
2017年10月28日(土曜日)
17時から18時30分まで。

場所:京王線・京王稲田堤駅から徒歩10分の多摩川土手
第35回調布花火大会を撮影します。
花火の打ち上げは17:30から18:30までの1時間
集合時間は京王稲田堤駅16:45になります。

定員4名 定員になり締め切りました。
料金:
5000円(三脚持参の方)
6000円(こちらの三脚を使う方・先着1名のみ) 

予定内容
・花火撮影の設定
・実施撮影
内容は初心者向けです
f0168968_22201681.jpg
撮影場所は混雑を避けるために、
メイン会場から離れます。
そのため、このように京王線が画面に入り込みます。
上の写真と、下の写真は、露出設定が異なります。
f0168968_22204210.jpg
花火が主役か、鉄道が主役か。
とっさに設定を切り替えるのは難しいので、
その対応方法なども解説します。

キットレンズのズームでも、この程度撮影できます。
高額なレンズは不要です。

花火大会が中止になるような強風、雨天の場合は中止です。
当日の午前10時に主催者発表があります。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
・三脚を所有して、当日持ってこられる方。
 あまり小さい卓上用の三脚などは不可になります。
 三脚がない場合は、先着1名に限り、こちらの三脚をお貸しできます。
 その場合は、参加料金が6000円になります。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。 
定員になり締め切りました。

メールタイトル
1710花火撮影ws希望 氏名
例 1710花火撮影ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.三脚の製品番号(わかる範囲で)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.でのアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

メールでの先着順になります。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------


by sekigawa88 | 2017-09-28 10:14 | workshop
2017年 09月 27日
2017年10月 軽井沢遠足ワークショップ
f0168968_18345867.jpg
f0168968_20502677.jpg
2017年10月に、長野県軽井沢で、1dayワークショップを行います。
秋の様子を散策しながら撮影してみます。
説明や課題が多いwsではなく、撮影会形式、遠足wsという感じの予定。
(上の作例は過去の写真で、天候などにより、必ずしもこのような状態とは限りません。)

2017年10月8日(日曜日)

現地集合現地解散。
13:30にJR軽井沢駅集合。
そこから中軽井沢、信濃追分方面に移動して撮影。
旧軽などお買い物エリアには行きません。
基本的に森や林道の撮影です。

なお、小雨の場合は決行しますが、
台風レベルの悪天の場合は中止になります。
終了は18:30予定
(トータル5時間、途中移動時間、カフェ休憩含む)

・従来は11時-16時でしたが、
時間をずらして、夕方、薄暮の簡単な夜景まで撮影します。
10月8日軽井沢の日の入りは17:23です。
三脚はこちらで人数分用意します。

東京からの交通例です。
往路・新幹線:東京駅12:04-軽井沢駅13:22
 所要時間:1時間18分
復路・新幹線:軽井沢駅19:40-東京駅20:52
 所要時間:1時間12分
片道5910円

他に、池袋から高速バスなどもあります。
時刻、料金は、各自ご確認下さい。

定員は4名
料金は1日6000円です。
駐車場代などかかった場合は別途人数割。

長野や近隣から車でいらっしゃる場合は、
そのむねご連絡下さい。
車は1台で移動したほうがいいので、
個別にご相談下さい。

東京から参加の場合、交通費、食費、ws代で、
2万円近くかかります。
どうぞご無理のない範囲で。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
コンパクトデジタルカメラをお持ちの方。
フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
・森林内での、歩きタバコ禁止、ゴミ捨て禁止などの基本ルールを守れない方

ご希望の方は
メールでお知らせ下さい。
メールタイトルを、
1710軽井沢ws希望 氏名
例 1710軽井沢ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.どこの都道府県から参加か(住所記載は不要です)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。

メール先着順になります。

注:
・標高1000メートルの高原ですので、寒い場合があります。
・旅行業者免許がありませんので、交通宿泊などの手配はできませんが、ご相談にのることは可能です。
・台風などにより中止の場合、交通、宿泊の払い戻しなどの保証をいたしませんので、ご了承下さい。
 旅行中の事故怪我についても保証しかねます。安全な場所にしかいきませんが、
 濡れている未舗装道路で転倒してカメラ破損などでも、保証外になります。
 そのあたりは、各自で充分お気をつけて下さい。
 山用の装備などは不要で、通常の靴で問題ない場所ばかりですが、
 ハイヒールなどは避けて下さい。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
:->


by sekigawa88 | 2017-09-27 21:08 | workshop
2017年 09月 01日
2017年9月 名作に学ぶ方ワークショップの募集 エリオット・アーウィット
f0168968_23483612.jpg

2017年9月に、名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
テーマは、
エリオット・アーウィット Elliott Erwitt(1928年7月26日ー)です。

作品はオフィシャルサイトで見ることができます。

フランス生まれのエリオット・アーウィットは、
アメリカに移住したのち、写真家として活躍します。
雑誌「ライフ」などで作品を発表して、
写真家集団マグナムの会長もつとめました。
彼が多く撮った写真は、
ビーチ、犬、子供、
それらはユーモアにあふれたものです。
そして被写体に対して“愛情のある”ちょっとした皮肉も。
彼の写真は世界中で愛されています、
そんなエリオット・アーウィットの写真を、
研究してみましょう。

・難しい内容ではなく、初心者向けです。
 
【日程】2017年9月24日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名 残り2席です
料金:4500円

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
コンパクトデジタルカメラをお持ちの方。
フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、風景写真には興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1709アーウィットws希望 氏名
例 1709アーウィットws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2017年8月17日(木曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

メール先着順になります

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------

by sekigawa88 | 2017-09-01 11:48 | workshop
2017年 08月 23日
2017年9月 夜景・光の軌跡撮影ワークショップのお知らせ
f0168968_22474125.jpg
羽田空港近くで撮影
f0168968_22480654.jpg
赤坂で撮影

2017年9月に、三脚夜景撮影ワークショップを行います。
今回のテーマは、長時間露光による光の軌跡撮影です。
場所は都内を予定しています。
上の作例のような場所を考えていますが、
参加人数、天候、交通状況、道路工事情報などで、開催1週間前に、場所を決定します。

内容は、三脚を使った夜景の長時間露光で、
都市部ならではの光の軌跡を撮影します。
初心者向けです。

日時
2017年9月9日(土曜日)18時00分から20時までの2時間(集合時刻は17:45ぐらい)

ご自分の三脚をお持ちの方は、ご持参下さい。
ない方は、お貸しいたします。

定員4名 定員になり締め切りました
料金
・5000円(三脚ご持参の方)
・6000円(こちらの三脚を使用する方)

注:夜景wsは雨の場合は中止になります。

予定内容
・三脚の使い方の基本
・夜景撮影の露出の考え方
・長時間露光について
・夜景のピントのあわせ方の注意
・暗い場所での構図のあわせ方
(変更の場合もあります)


参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
 コンパクトデジタルカメラやフィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・2時間ほど外にいる体力のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加希望の方は、メールでお知らせ下さい。

メールタイトル
1709三脚夜景ws希望 氏名
例 1709三脚夜景ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.三脚の機種名(わかる範囲で、ない場合は、三脚なし、と)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4はすべて必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
参加希望者が多い場合は抽選になります。
2017年8月25日(金曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

定員になり締め切りました

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
:->


by sekigawa88 | 2017-08-23 22:48 | workshop
2017年 07月 05日
2017年8月花火撮影ws
f0168968_22304615.jpg

花火撮影のワークショップを行います。
2017年8月1日(火曜日)
19時から20時30分まで。
場所:東西線西葛西駅から徒歩10分の荒川土手
第35回江東花火大会を撮影します。
花火の打ち上げは19:40から20:30まで。

定員4名 定員になり締め切りました
料金:5000円

予定内容
・花火撮影の設定
・実施撮影

内容は初心者向けです。
すでに花火撮影のセミナーなど受けたことある方は、
知っている内容ばかりだと思います。
f0168968_22391367.jpg

撮影場所は混雑を避けるために、
メイン会場から離れます。
そのため、このように高速道路が画面に入り込みます。
f0168968_22401889.jpg

キットレンズのズームでも、この程度撮影できます。

花火大会が中止になるような強風、雨天の場合は中止です。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、
 あるいはミラーレス一眼カメラを所有の方。
・コンパクトデジタルカメラの場合、バルブ撮影機能があるカメラ
・三脚を所有して、当日持ってこられる方

 あまり小さい卓上用の三脚などは不可になります。
 三脚がない場合は、1名に限り、こちらのお貸しできます。
 その場合は、参加料金が6000円になります。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・上級者と思われる方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。


 定員になり締め切りました

メールタイトル
1708花火撮影ws希望 氏名
例 1708花火撮影ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラなど(わかる範囲でレンズも)
4.三脚の製品番号(わかる範囲で)
5.疑問や要望があれば
6.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
6は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.でのアドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2017年7月7日(金曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。


ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------

by sekigawa88 | 2017-07-05 10:57 | workshop
2017年 06月 05日
2017年7月 ブラッサイに学ぶモノクロ夜景ワークショップの募集
2017年7月に、
名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
ブラッサイ Brassai(1899年9月9日ー1984年7月8日)は、
ハンガリー生まれの写真家で、
夜のパリを撮影したことで有名です。
それは美しいだけの夜景ではなく、
夜に働く人々を撮影したものです。
多くの写真家が彼の作品に影響されました。
ブラッサイは夜のイメージがありますが、
昼間の写真、画家のポートレートなど、
すばらしい作品がたくさんあります。
そんなブラッサイの写真を、
研究してみましょう。

ブラッサイのGoogle画像検索

注:
1.難しい内容ではなく、初心者向けです。
2.今回のワークショップは、モノクロモードで撮影します
3.フィルムカメラは使用しません。
4.このワークショップは、手持ち夜景撮影になります。
 三脚は使いません。
 
【日程】
2017年7月16日(日曜日)
18:30ー20:30(2時間)
場所:都内
定員5名 残り1席です
料金:4500円

多少の雨の場合は行いますが、台風など電車が止まるような悪天の場合は中止になります。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
コンパクトデジタルカメラをお持ちの方。
(お持ちのデジタルカメラで、モノクロ撮影ができることをご確認下さい)
フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、風景写真には興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1707ブラッサイws希望 氏名
例 1707ブラッサイws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から3は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスに、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2017年6月7日(水曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

終了しました。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------




by sekigawa88 | 2017-06-05 08:29 | workshop
2017年 05月 09日
2017年6月 アンセル・アダムスに学ぶモノクロ・ワークショップの募集
f0168968_1528119.jpg

2017年6月に、
名作に学ぶ写真の撮り方ワークショップを行います。
アンセル・アダムス Ansel Adams(1902年ー1984年)は、
アメリカの写真家で、ヨセミテ渓谷の写真で有名な人です。
美しいモノクロプリントを定義付けた人で、
彼の理論は今なお基本にして究極の方法です。
アダムスの写真から、モノクロ撮影の基礎を学び、
実際に撮影してみましょう。

注:
1.難しい内容ではなく、初心者向けです。
2.今回のワークショップは、モノクロモードで撮影します
3.フィルムカメラは使用しません。

2017年6月25日(日曜日)
午前10時半から12時半(2時間)
場所:都内
定員5名 
料金:4500円

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
コンパクトデジタルカメラをお持ちの方。
(お持ちのデジタルカメラで、モノクロ撮影ができることをご確認下さい)
フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・テーブルフォトしか撮りたくない、風景写真には興味のない方。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。

参加ご希望の方は、
メールでお申込み下さい。

メールタイトル
1706アダムスws希望 氏名
例 1706アダムスws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.疑問や要望があれば
5.ブログ等があればURL

1から4は必須です。
5は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。
申し込み送信メールアドレス(スマホ)と、
2.で書かれたアドレスが異なる方が増えています。
アドレスの記入ミスが増えていますので、ご注意下さい。

参加希望者が多い場合は抽選になります。
2017年5月11日(木曜日)21:00でいったん締め切ります。
定員に満たない場合は抽選にならず、それ以降は先着順です。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。

終了しました。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

--------------------


by sekigawa88 | 2017-05-09 22:53 | workshop
2017年 04月 26日
2017年7月 軽井沢遠足ワークショップ
2017年7月に、長野県軽井沢で、1dayワークショップを行います。
f0168968_22520436.jpg
f0168968_22515152.jpg
作例は過去の写真で、
必ずしもこのような状態とは限りません。

a: 2017年7月1日(土曜日)定員になり締め切りました
b: 2017年7月2日(日曜日)残り3席です
 (どちらも内容同じです)
現地集合現地解散。

午前11時にJR軽井沢駅集合。
そこから中軽井沢、信濃追分方面に移動して撮影。
旧軽などお買い物エリアには行きません。
基本的に森や林道の撮影です。

なお、小雨の場合は決行しますが、
台風レベルの悪天の場合は中止になります。
終了は16時予定
(トータル5時間、途中移動時間、ランチ休憩含む)

終了後は、軽井沢駅まで車でお送りします、
駅での解散予定時刻は17時ぐらいになります。
説明や課題が多いwsではなく、撮影会形式、遠足wsという感じです。

定員は各日4名
料金は1日6000円です。
駐車場代などかかった場合は別途人数割。

東京からの交通の例ですが、
新幹線で、東京駅9:32-軽井沢駅10:34
所要時間:1時間2分
片道5,910円
(時刻、料金は、各自ご確認下さい)

長野や近隣から車でいらっしゃる場合は、
そのむねご連絡下さい。
車は1台で移動したほうがいいので、
個別にご相談下さい。

東京から参加の場合、交通費、食費、ws代で、
2万円近くかかります。
どうぞご無理のない範囲で。

参加条件です。
・デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス、
コンパクトデジタルカメラをお持ちの方。
フィルムカメラではご参加できません。

以下の方は、ご遠慮下さい。
・すでにワークショップなどで教える側にいる方。
・森林内での、歩きタバコ禁止、ゴミ捨て禁止などの基本ルールを守れない方


ご希望の方は
メールでお知らせ下さい。
メールタイトルを、
1707軽井沢ws希望 氏名
例 1707軽井沢ws希望 関川真佐夫

本文に

1.氏名
2.  メールアドレス(2.の次に1文字分スペースをあけて)
3.使用カメラとレンズ
4.希望日
  a: 2017年7月1日(土曜日)7月2日不可
  b: 2017年7月2日(日曜日)7月1日不可 この日のみ空席あります
  c: どちらでも可
5.どこの都道府県から参加か(住所記載は不要です)
6.疑問や要望があれば
7.ブログ等があればURL

1から5は必須です。
7は無しでもかまいません。

受付確認メールを3日以内に必ずしています。
その返信がない場合はメールエラーですので再送下さい。

2017年4月28日22時でいったん締め切り、希望者が多い場合は抽選になります。
この日までに定員が埋まらない場合は抽選は行わず、申し込み順になります。
また参加希望者が一週間前に3名にならない場合は中止になります。
メール先着順になります。

注:
・7月でも標高1000メートルの高原ですので、寒い場合があります。
・旅行業者免許がありませんので、交通宿泊などの手配はできませんが、ご相談にのることは可能です。
・台風などにより中止の場合、交通、宿泊の払い戻しなどの保証をいたしませんので、ご了承下さい。
 旅行中の事故怪我についても保証しかねます。安全な場所にしかいきませんが、
 濡れている未舗装道路で転倒してカメラ破損などでも、保証外になります。
 そのあたりは、各自で充分お気をつけて下さい。
 山用の装備などは不要で、通常の靴で問題ない場所ばかりですが、
 ハイヒールなどは避けて下さい。

ご質問などがありましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
:->


by sekigawa88 | 2017-04-26 20:47 | workshop