カテゴリ:exhibition( 64 )

2012年 07月 29日
2012年7月 課題写真 「暑中見舞い」
2012年7月の課題写真「暑中見舞い」にたくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです。
(名前表記、写真間違い、リンク間違いなどありましたら、お手数ですが御連絡下さい)



f0168968_16333147.jpg

photo by シラスマ
おひとり様の日々・・・その後

f0168968_1635926.jpg

photo by aji

f0168968_16354340.jpg

photo by *タンタン
Potluck Cafe*

f0168968_16371767.jpg

photo by 橋の助

f0168968_16374498.jpg

photo by 石田美也子
Kaiの写真日記 < Kai's photo diary >

f0168968_16385960.jpg

photo by MIZUHO
風が吹いたら…

f0168968_16403970.jpg

photo by ふとし
なごやの東から

f0168968_16413317.jpg

photo by uni
- Une phrase -

f0168968_16432249.jpg

photo by たけむら

f0168968_16434744.jpg

photo by Choco
今日の空模様

f0168968_16445464.jpg

photo by 井東
ハートもコーヒーブレイク

f0168968_16454367.jpg

photo by 山崎眞理

f0168968_1646893.jpg

photo by hana
はなの陽だまり写真日記

f0168968_16595765.jpg

photo by Lugarfoto
お散歩=lugarfoto

f0168968_172117.jpg

photo by chiseda ten

f0168968_22475225.jpg

photo by Rica
どこでもドア

f0168968_22494919.jpg

photo by ozwattle
ワトルの丘

f0168968_9135525.jpg

photo by Pianissimo
気分上々 ~ Photo diary ~

f0168968_22562936.jpg

photo by kenmamay
日々の暮らしの中で

f0168968_2257279.jpg

photo by mizue

f0168968_225846.jpg

photo by とにゃまま
とにゃりん。備忘録

f0168968_132668.jpg

photo by 折橋久美子

f0168968_13284963.jpg

photo by masao sekigawa
今夜もeat it


「今回のテーマは、前回(わたしの休日)に比べて撮りやすかった」
と書かれている方もいらっしゃいました。
暑中見舞いという、誰にむけて見せる写真か、
を決めやすかったのではないでしょうか。

自分のための記録写真などのぞいて、だいたいの写真は、
誰かに見せることを想定して撮ります。
その範囲が狭ければ狭いほど、撮影は楽です。
たとえば「夏」というテーマで撮影する時に、
見せる対象年齢が、子供から老人までと幅広いと難しくなります。
逆に、20代限定、さらには、女性限定、と狭くするほど、
撮影テーマは決めやすいものです。

よく、「何を撮っていいかわからない」
という方がいらっしゃいますが、
「誰に見せるか」
を先に決めると、意外と簡単に決まることもあります。


個別の寸評などは、ここではしません。
もしもご希望の方がいらっしゃれば個別にメールでお答えしますので、
御連絡下さい。

ご参加いただいた皆様、繰り返しですがお礼申し上げます。
次は9月にまたテーマを決めて募ってみようかと思います、
またどうぞよろしくお願いします。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2012-07-29 13:32 | exhibition
2012年 06月 01日
「わたしの休日」
「わたしの休日」にたくさんのご応募ありがとうございました。
皆様から送っていただいた写真を発表します。
写真左下が、撮影者クレジットです。


f0168968_13363545.jpg

photo by Pianissimo
気分上々 ~ Photo diary ~

f0168968_1340339.jpg

photo by ecru_

f0168968_13405433.jpg

photo by lugarfoto
お散歩=lugarfoto

f0168968_872565.jpg

photo by 山崎眞理
オレゴン通い

f0168968_885698.jpg

photo by Amy
Once in a Blue Moon

f0168968_14561780.jpg

photo by Choco
今日の空模様

f0168968_19432736.jpg

photo by 石田美也子
Kaiの写真日記 < Kai's photo diary >

f0168968_2323546.jpg

photo by 井東

f0168968_2218186.jpg

photo by ふとし
なごやの東から

f0168968_22182214.jpg

photo by *タンタン
Potluck Cafe*

f0168968_22193595.jpg

photo by ksk
カメラと過ごす時間

f0168968_23591319.jpg

photo by kondo chizuru

f0168968_21202064.jpg

photo by moppy

f0168968_21215812.jpg

photo by mirasierra
*ちょっとコーヒーでも*

f0168968_21233053.jpg

photo by hana
はなの陽だまり写真日記

f0168968_21251565.jpg

photo by Laatikko
ときどき日記。。。

f0168968_21265939.jpg

photo by chiseda ten

f0168968_17393426.jpg

photo by flower living
flower living

f0168968_221646.jpg

photo by とにゃまま
とにゃりん。備忘録

f0168968_23402383.jpg

photo by masao sekigawa
今夜もeat it


たくさんの写真ご応募、ありがとうございました。
色々な休日写真、どれも楽しく拝見いたしました。

与えられたテーマに沿って撮影する。
これは案外難しいものです。
「休日」について考えはじめると、アイデアがあふれてしまい、
撮影対象をどれにするのか、悩みだします。

テーマが絞れずに撮影できなかった。
そんな人もいたようです。

「休日」ではなく、「わたしの休日」です。
自己紹介の要素が強く、自分をさらけだすことになります。
素のままで人に見せるわけにはいかないと、
どうアレンジするかを考えすぎて、撮れなくなった方もいたようです。

あまりにも完璧な写真よりも、
少しばかり隙がある写真のほうが、人に好まれることがあります。
きれいすぎる部屋よりも、多少散らかっている部屋のほうが、親しみがわくものです。
もっとリラックスしてよかったのではいでしょうか、撮影できなかった皆さん。

携帯電話内蔵のカメラで撮影された方もいらっしゃいました。
どの写真かわかりますか?
その画質の向上に驚くばかりです。


個別の寸評などは、ここではしません。
もしもご希望の方がいらっしゃれば個別にメールでお答えしますので、
御連絡下さい。

なお、写真クレジットなどのミス、またメールしたのに載っていない、
という方がいましたら、お手数ですが、メールで御連絡下さい。
いただいた写真はすべて掲載しております。

ご参加いただいた皆様、繰り返しですがお礼申し上げます。
次は7月にまたテーマを決めて募ってみようかと思います、
またどうぞよろしくお願いします。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2012-06-01 23:43 | exhibition
2012年 04月 05日
新宿 epsite 「コーサカ トモ写真展」
おすすめ写真展です。

・新宿 epsite 「コーサカ トモ写真展」

新宿 epsite
4/12まで、(日曜日休館)
会期終了しました。

やさしい光で綴られた日常風景の記録写真ですが、とても重く深いテーマでした。

「次男が生まれて、祖母が亡くなるまでの8年間の家族の記録」

どんどん成長していく子供達、それと同時に老いていく祖母の対比。
祖母の死の後、未来に向かう子供達。
膨大な量の写真があったであろうけど、それらのセレクト、編集、構成も完璧で、
なんかこう、凄まじい写真展でした。
1枚目から最終カットまで、まったくスキがなくて、
大変素晴らしい写真展で、是非におすすめです。
:->
[PR]

by sekigawa88 | 2012-04-05 09:53 | exhibition
2012年 01月 11日
「ストリート・ライフ ヨーロッパを見つめた7人の写真家たち」 写真美術館
f0168968_18433211.jpg

東京・恵比寿ガーデンプレイス内にある、東京都写真美術館では、
「ストリート・ライフ ヨーロッパを見つめた7人の写真家たち」という展示を行っています。
2012年1月29日(日)まで。
休館日 毎週月曜日
詳細は公式サイトを。

19世紀末から20世紀初頭に、
ヨーロッパの町並みや人物を記録撮影した7人の写真家の作品群です。
ただ記録とはいえ、素晴らしい作品が多く、町撮影などを行う方には参考になります、
近隣お住まいでお時間ある方は是非ご覧下さい。
特に、ブラッサイが撮影した夜のパリは必見です。
webではわからない、上質なプリントならではなの、黒の美しさを堪能できます。
[PR]

by sekigawa88 | 2012-01-11 18:49 | exhibition
2011年 09月 20日
ユーサフ・カーシュ作品展 ポートフォリオ「FIFTEEN PORTRAITS」
六本木・東京ミッドタウンの富士フィルムスクェアで、
ユーサフ・カーシュ作品展 ポートフォリオ「FIFTEEN PORTRAITS」が開催中です。
カーシュ(1908-2002)は、カナダ出身の写真家で、ポートレートで有名です。
公式サイトに作品が数点載っています。
彼の作品オリジナルプリント15点が、2011年10月31日まで展示されています。
10時-19時、期間中無休。
[PR]

by sekigawa88 | 2011-09-20 08:58 | exhibition
2011年 04月 06日
レンブラント 光の探求・闇の誘惑 展
おすすめ絵画展の紹介です。

上野・国立西洋美術館で、「レンブラント 光の探求・闇の誘惑」展が開催されています。
17世紀オランダ絵画の至宝レンブラント・ファン・レインは、光の魔術師と呼ばれていて、
多くの写真教科書などでも、そのライティングが紹介されるほどです。
今回の展示は、著名な代表作はあまりありませんが、多くのエッチング(銅版画)が展示されていて、
それらは、レンブラントのデッサン、構図、ライティングなどを理解する手助けになります。
特に今後モノクロ撮影を考えている方は、是非ご覧下さい。

鑑賞ガイドの一例

・光の方向を確認してみよう
 レンブラントの人物画は、斜め横からの1灯ライティングが基本です。
顔のもっとも明るい部分と暗い部分を確認して線をひくと、
どの方向から光がきているのかわかると思います。
作例
この作品は、だいたいこんな感じです。
f0168968_22473850.jpg


・2灯ライティングの作品もあります。
 メインの光と補助光の違いは、影の濃さを見るとわかります。
この作例ではどちらの光源が強いかを観察してみましょう。
作例
この作品は、だいたいこんな感じです。
f0168968_22484184.jpg



・イエスを描いたものは特別。
 イエス誕生の場面があります。
まず馬小屋内の照明があり、それから発生する影が忠実に描かれています。
それに加えて神そのものが光り輝くので、不思議な場所に別の影がついたりします。
このような演出効果は絵画ならではのものです。
宗教絵画と肖像画ではライティングの考え方がちがうことに注目してみましょう。

・貴族と平民ではライティングが異なる。
 絵を描くというのは大変お金がかかる行為でしたので、
スポンサー無しでは成立しません。
依頼主(権力者や金持ち)を描く時は、威厳があるように描きます。
その場合は顔をすべて影にすることは許されませんでした。
ところが自画像や友人を描く時は、実験的なことをする場合がありました。
横顔で表情がよくわからなかったり、顔をすべて影にしてみたりとか。
そんな作品も会場内にはあるので、探してみて下さい。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2011-04-06 22:42 | exhibition
2011年 03月 03日
伊藤計一写真展 「道具」
写真展の紹介です。
f0168968_23492137.jpg

伊藤計一写真展
「道具」
-The Silent Pulse- 静かな波動

モノクロームの写真展です。
刀鍛冶、和紙職人、浮世絵版画職人、の道具を撮影した写真展です。
全作品、モノクロフィルム、印画紙での作品で、
大変美しい道具の世界、そして黒のあでやかさを楽しむことができる展示です。
モノクロ撮影に興味のある方は、是非ご覧になることをおすすめします。

会場:ギャラリーイー・エム西麻布
期間:2011年3月2日(水)~3月20日(日) (月・火曜日休館)
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布4-17-10
電話:03-3407-5075
地図
f0168968_2350871.jpg

ギャラリーには、賢くて可愛いわんちゃんがいました^^

伊藤計一氏のブログ

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2011-03-03 23:50 | exhibition
2010年 10月 22日
茂手木秀行 写真展:「沈まぬ空に眠るとき」「海に名前をつけるとき D」
a0003650_9341011.jpg

写真家・茂手木秀行の個展。
開催日程
2010年10月22日(金)~10月28日(木)(会期中無休)
10時ー19時(最終日は17時まで)
無事終了いたしました

More 続きを読む
[PR]

by sekigawa88 | 2010-10-22 23:38 | exhibition
2010年 08月 15日
「ウィリアム エグルストン: パリ-京都」展
おすすめ写真展です。

「ウィリアム エグルストン: パリ-京都」

原美術館
(東京都品川区北品川4-7-25)
2010年8月22日(日)まで
11:00 am-5:00 pm
(水曜日は8:00pmまで開館。入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日
入館料 一般1,000円

6月から開催されていたのですが、すっかり忘れていて、
会期も残り一週間となりました。
誰が見てもわかりやすい写真、とは異なりますが、
世界の写真史に燦然と輝く巨匠の作品です。
機会があれば是非ご覧下さい。
原美術館は、品川駅から徒歩15分、ちょっと不便なところですが、
大変素敵な美術館です。

原美術館公式サイト

Time Out Tokyoのレビューが大変わかりやすい解説です。
行かれる方は事前に読まれることをおすすめします。

:->
[PR]

by sekigawa88 | 2010-08-15 16:13 | exhibition
2010年 05月 02日
「ジャンルー・シーフ写真展」 東京都写真美術館
f0168968_2242532.jpg
東京・恵比寿にある、東京都写真美術館で、
「ジャンルー・シーフ写真展」が開催中です。
会期終了しました

More
[PR]

by sekigawa88 | 2010-05-02 22:43 | exhibition